クリスマスローズ 開花株を各種見てみる

クリスマスローズ 夏

0

    風通しの良い涼しい場所に移動しました


    冬に元気に華麗に開花する花の種類は少なく、
    クリスマスローズは、人気が高くなっています。

    冬に開花するクリスマスローズは、
    やはり冬の厳しい寒さには割と強く、
    夏の暑い季節は少々苦手なようです。

    高温多湿の日本の気候でも夏越えができるように、
    クリスマスローズの管理の方法について、ご紹介します。


    ■6月、高温多湿で病気が発生しやすい

    6月は梅雨、雨が多く降っていない時は蒸しています。
    休眠期を迎えたクリスマスローズにとって過酷な季節です。

    庭植えで西日が強い場所に植えている場合は、
    よしずなどで日陰になるように工夫しましょう。

    また、他の草花や樹木、雑草の勢いが増すことによって、
    風通しが悪くなり、湿度が高くなりますので、
    根腐れ病などに注意して管理しましょう。

    鉢植えは、雨の当たらない風通しの良い場所に移動します。


    ■7月、夏本番は暑さと加湿に注意します

    7月になると日本は夏本番を迎えます。
    特に関東よりも西にお住まいの方は、
    暑さ対策をじゅうぶんにしてください。

    水やりは、早朝や夕方などの涼しい時間にします。
    原種系は特に暑さに弱いので風通しの良い場所で栽培します。

    梅雨明けも台風の影響があるなど高温多湿の状態が続きます。
    暑さがひどいときは葉水を与え、
    木や鉢のまわりにも散水して温度を下げてあげましょう。

    水はけの悪い用土や場所で管理すると、
    土壌中の酸素不足により、根が枯れたり病害虫の原因になるので、
    土作りや庭の整備には日頃から気を配ります。


    ■8月、もう一息で夏越えです

    梅雨明けから8月中旬頃までは、高温多湿に注意した管理が必要です。
    日差しの指す方向や位置も変わってきますので、
    鉢植えの場合は、涼しい場所に移動させるなどして対処してください。

    夏も8月下旬頃になると、朝夕が徐々に気温が下がってくるので、
    クリスマスローズも少しずつ元気を取り戻していきます。

    この時期になると花芽の準備を始めていますので、
    秋からの生育や開花に、大きく影響します。
    もう少しで涼しい秋ですので、大切に育てて行きましょう。

    ■参考 下記もあわせてご覧下さい
    ・6月 梅雨時期のクリスマスローズの管理には注意を
    ・7月 クリスマスローズ、涼しく水はけ良く栽培
    ・8月 クリスマスローズの苦手な季節です
    ・クリスマスローズ 育て方 12ヶ月

    >>クリスマスローズの苗を各種見てみる

    JUGEMテーマ:花のある暮らし

    クリスマスローズ 病気 細菌

    0


      クリスマスローズは高湿度、高温が苦手です


      今日は細菌(バクテリア)とウィルスによって起こる、
      クリスマスローズの病気を紹介したいと思います。


      ■軟腐病

      ・原因
      原因はバクテリアによるもので、
      主に夏ごろ発生しやすいものです。
      特に夕立など、多湿の状況になりやすいと言えます。

      ・伝染

      細菌は土の中で増えていくのはもちろんですが、
      雨や水などによっても感染していきます。

      ・症状
      株元の根茎が溶けるように軟腐していくのが特徴で、
      悪臭を放ちます。
      植物の導管でも細菌はどんどん繁殖していくので、
      次第に葉っぱは萎れて、枯れていきます。

      ・防除
      株元を傷つけないように注意しながら、
      傷んだ葉っぱなどを切り取ります。
      発症後はすぐに殺菌剤をまきましょう。


      ■ブラックスポット

      ・原因
      細菌が原因によって起こる病気で、黒班細菌病とも言われています。
      梅雨時期に多発しますが、30度以上の気温になると、
      ほとんど起こらないと言われています。

      ・症状
      名前の通り、黒班が生じます。
      葉縁に半円状の病斑が見られることもあります。

      ・防除
      症状が見られたら、患部をすぐに切り取り拡大を防ぎます。



      梅雨時から真夏は、日々観察して栽培しましょう


      ■モザイク病


      ・原因
      キュウリモザイクウィルスが代表的な病原となっています。
      大体春先5月までと、秋頃に起こりやすいとされています。
      また、ハサミからも感染することがあるようです。

      ・伝染
      アブラムシなどの害虫によって健全な株に伝染します。

      ・防除
      オルトラン粒剤やベストガード粒剤などを2ヶ月に1回
      散布すると良いでしょう。
      ハサミを使う場合には、消毒など熱処理も忘れないようにします。

      発症してしまった場合は、感染株はもちろんのこと、
      土や鉢なども全て捨てるようにしたほうが安全です。

      >>クリスマスローズの苗を各種見てみる

      JUGEMテーマ:花のある暮らし


      クリスマスローズ 開花

      0


        素晴らしい花と葉の模様です、寒くなると花色がピンクがかってきます



        クリスマスローズ 斑入り葉系アグチフォリス種


        クリスマスローズの花は、
        種類によって大きな差があります。

        また交配や育てた環境によって、
        微妙に葉や花の形、丈が違ってきます。

        セミダブルが人気ですが、栄養状態が悪いとシングルになったり。
        クリスマスローズは奥が深いですね。


        ■花が咲く向き

        ・上向き
        受け咲きとも呼ばれているこの咲き方は、
        花が見やすく観賞用にピッタリですが、その分雨水なども
        花に直撃しやすく、傷みやすいと言われています。

        ・下向き
        クリスマスローズの花首は長いとされていますので、
        下側に向かって咲くクリスマスローズも多いです。


        ■花の形

        ・平咲き
        名前の通り、満開の状態で水平になっているものです。
        観賞用に良く、非常に綺麗に見えるのが特徴です。

        ・カップ咲き
        カップのように少し丸みを帯びているのが特徴です。
        可愛らしさを演出したい時などにもお勧めです。

        ・筒咲き
        筒状に咲くクリスマスローズもあります。
        ヘレボルス・フェチダスや、ヘレボルス・ヴェシカリウスなどが
        筒咲きの花を咲かせます。



        この美しい形♪



        うつむく花とつぼみが!



        クリスマスローズ ダブル開花株!ピュアホワイト微スポット
        *上記2点のクリスマスローズは、ガーデニングshop岐阜緑園さんで販売されています


        ■花の咲き方


        一重に咲くシングル、
        半分八重咲きとなるセミダブル、
        八重咲きとなるダブルがあります。


        セミダブルには2種類あり、
        1つは色や模様が小花弁に付くもの、
        そうでないものがあります。


        ■花弁の形

        ・丸弁
        花びらの縁が丸みのある丸弁は、花を咲かせた時にも
        全体的に見て丸い印象を与えます。

        ・剣弁
        花弁の先が尖っているものを剣弁といいます。
        花を咲かせると、星形のような形になることが多いようです。

        >>クリスマスローズ 開花株を各種見てみる

        JUGEMテーマ:花のある暮らし


        クリスマスローズ ブラックデス(黒死病)

        0
           
          C)kiki  ブラックデス(黒死病)の症状


          クリスマスローズは、
          丈夫で育てやすいとされている植物です。

          好環境でじょうぶに育てていれば、
          病気にかかりにくい植物です。 


          しかし日本の梅雨や秋の雨、湿度の高い夏などに、
          病気や害虫に侵されることもあります。

          クリスマスローズの病気はカビ(糸状菌)によるもの、
          バクテリア(細菌)によるもの、ウィルスによるものに、
          大きく分類されています。

          この中でも最も気をつけなくてはいけないのが、
          ウィルスによる病気です。

          特に感染力の強いとされているブラックデス(黒死病)には、
          十分に注意して栽培するようにしましょう。


          ■ブラックデス(黒死病)について

          ・症状
          新芽や葉っぱ・花などにコールタールをなすりつけたような、
          黒い斑点・シミのようなものが見られるようになります。

          ・被害
          この病気になると段々、葉っぱや花が縮んでいき、
          最終的には株全体が黒く焦げたようになり、
          小さくなって枯れてしまいます。

          ・原因
          カーラウィルスが病原となっている病気です。
          春先や、秋頃に良く起きるとされています。
          古葉取りや、株分けに使用するハサミなどからも、
          感染するので、ハサミなどは清潔な物を使用しましょう。



          アブラムシは早期発見、捕殺します


          ・伝染
          アブラムシなどの汁を吸う害虫が感染した葉の汁を吸う際、
          ウィルスも一緒に吸い込んでしまいます。
          その後、他の株へと伝染していってしまうのです。

          ・防除方法
          感染力が強いとされているブラックデスを防除するには、
          ダコニール、ベストガード粒剤やオルトラン粒剤などの、
          殺菌剤を2ヶ月に1度散布し、防除します。

          ハサミは消毒し、熱処理を行うのが安心です。 

          発生してしまったらすぐに株だけではなく、
          その株のあった鉢や用土なども完全に消毒するか、
          全て隔離し廃棄するようにしましょう。

          >>クリスマスローズに効果的な園芸殺菌剤を見てみる

          JUGEMテーマ:花のある暮らし


          クリスマスローズ 病気 カビ

          0

            雪のなかで咲くクリスマスローズ


            クリスマスローズは、丈夫な植物ともされていますが、
            日本の高温多湿の環境は、病気や害虫を招く恐れがあります。

            そのためにも、クリスマスローズの病気や害虫に関する知識を持ち、
            それらに対応した管理をすることが大切です。

            今日はカビ(糸状菌)による病気を紹介します。




            ■灰色かび病


            ・原因
            原因はボトリチス菌によるもので、春先〜12月にかけて
            起こりやすい病気とされています。
            特に梅雨時期などの多湿状態の時は注意が必要です。

            ・伝染
            カビの胞子は風に乗り飛散します。
            傷や衰弱している組織から感染していきます。

            ・症状
            葉っぱの先端などから褐色系の斑点が出てきます。
            更に拡大すると、腐敗性病斑となります。
            根や茎まで進行すると、株はどんどん腐敗しやがて枯れてしまいます。

            ・防除
            フルピカフロアブルやサンヨールなど、殺菌剤を散布しましょう。
            発症してしまった場合は、素早く患部を切り取ることも大切です。





            ■立枯病

            ・原因
            リゾクトニア菌によって発生する病気で、灰色かび病と同じ
            時期に起こりやすいとされています。
            3月〜5月の発芽直後の時期に苗に発生するものを
            苗立枯病ともいいます。

            ・症状
            急に元気がなくなり葉っぱが萎れていきます。
            株元は褐色・黒褐色の斑点が生じ、どんどん根茎も腐っていきます。

            ・防除
            発症してしまったら素早く患部を切り取ります。
            その後、リゾレックス粉剤などの殺菌剤を1週間おきに2〜3回散布します。




            ■べと病

            ・原因
            カビ(糸状菌)によるもので、4月〜8月・10月〜11月にかけて
            起こりやすいとされている病気です。

            ・伝染
            胞子を形成して飛散し伝染させていきます。

            ・症状

            葉っぱの表面に薄い黄色のような斑点が現れ始めます。
            進行すると大きな病斑も生じていきます。

            ・防除
            発症がみられたら、患部を切り取り殺菌剤を散布しましょう。

            クリスマスローズの品種や栽培から病気のことまで、
            たいへんわかりやすく写真とともにしょうかいされています。
            ↓クリスマスローズ部門人気ナンバーワン! 

            【送料無料】クリスマスローズのすべて [ 横山暁 ]

            JUGEMテーマ:花のある暮らし


            クリスマスローズ


            Christmas rose

            クリスマスローズの良苗♪

            selected entries

            categories

            links

            お勧めです!





            シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品b.glen

            profile

            search this site.

            others

            応援してね!

            にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
            にほんブログ村
            人気ブログランキングへ
            ブログランキング
            ランキングはこちらをクリック!
            FC2 Blog Ranking
            @With 人気Webランキング
            PVランキング
            ブログランキング
            ブログランキングNo.1
            livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
            seo great banner

            • キーワード調査ツール

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM