クリスマスローズ 開花株を各種見てみる

9月 クリスマスローズ 原種 栽培

0

     
    9月の蒸し暑さをじょうずに乗り越えましょう


    9月上旬はまだまだ、夏の蒸し暑い日々が続きますので、
    クリスマスローズの栽培には、じゅうぶん気を付けたい時期です。

    また、9月になると、太平洋高気圧と長雨の影響から、
    株の中の湿度が高くなりやすくなりますので、
    根腐れしないように日除け対策、水やりの頻度、量を調節します。

    9月も下旬頃になると、根が活発に動き始める品種もあるので、
    再び、肥料を与え、冬に向けて株を充実させていきましょう。


    ■9月 クリスマスローズ 原種 栽培

    ・9月の有茎種、無茎種
    生育はまだまだ「半休眠期」ですので、見られないものも多いですが、
    ヘレボルス・チベタヌスは葉が枯れ始め、ヘレボルス・ボッコネイは、
    新葉が展開されはじめます。

    また、ヘレボルス・ニゲルが蕾を付けることもあります。

    ・9月の育て方のポイント
    9月はまだまだ暑いことに加え、雨の影響を受けやすい時期です。
    そのため、6月の梅雨の時期と同じくらい、
    株の蒸れ具合には充分注意して管理するべきだと言えます。


    ■9月に行う作業

    6月以降は、寒冷紗などの日除け対策が必須となりますが、
    9月も引き続き、日除けを行いながら、育てて行くと良いです。
    ただ、9月も下旬になれば少し暑さがやわらぎますので、
    徐々に直射日光に当てるようにしてください。



    もう少しでつぼみも出来てきます


    ■鉢植えの管理

    ・置き場
    9月中旬頃までは、まだギラギラとした日差しも降り注ぐので、
    原種によって置き場が多少変わりますが、

    「明るい日陰〜半日陰」または、
    「半日陰〜午前中日の当たるところ」で管理します。

    彼岸を過ぎた頃になったら、風通しの良い日なたへ移動しはじめ、
    日除けもとり、充分に日光に当てるようにしていきましょう。

    ・水やり
    水やりは、週に2〜3回程度行えば良いです。
    鉢の表面が乾いたら、鉢底から流れ出るくらい、
    たっぷりの水を与えてください。

    9月下旬ころになるにつれ、徐々に頻度は少なくしていきましょう。
    ただ、9月は降水量の多い月ですので、
    雨の具合をみて、水やりの回数を調整する必要があります。

    ・肥料
    9月も彼岸を過ぎれば少し、涼しくなってきます。
    それと同時にクリスマスローズは、一部、根が動いて新芽が出始めます。
    休止していた肥料も、この頃から再開です。

    「追肥」として、リン酸分、カリ分の多い緩効性化成肥料や、
    油かすなどを与えます。
    この頃から2週間に1回の液体肥料も12月頃まで与えていきます。


    ■庭植えの管理

    ・水やり
    雨が完全に当たらない場所の場合は、水やりが必要ですが、
    それ以外の場所であれば、特に水やりは不要です。

    ・肥料
    9月下旬に、リン酸分、カリ分の多い緩効性化成肥料や、醗酵油かすを、
    「追肥」として与えます。


    ■病害虫の防除について

    夏に発生しやすい、べと病、うどんこ病、灰色かび病、
    軟腐病、ブラックスポットは引き続き、注意が必要です。

    また、新葉が展開し始めると、
    ウィルス性のブラックデスが発生することもあります。

    害虫にいたっては、ナメクジ、バッタ、
    ヨトウムシ、アオムシなどの被害に遭いやすく、
    夏越しした葉に被害が出ることもありますので注意してください。

    >>人気の花苗ランキング
     

    JUGEMテーマ:花のある暮らし

     


    3月 ヘレボルスオリエンタリスが満開を迎えます

    0




      クリスマスローズ ピンクスポット ダブル開花株


      3月のクリスマスローズと言ったらなんといっても、
      ヘレボルスオリエンタリスではないでしょうか?
      オリエンタリスは、3月頃満開を迎えます。


      その他のクリスマスローズの花も咲き揃うようになるため、
      一度に色々な種類のお花を楽しむことが出来るのもこの時期です。





      クリスマスローズ オドルス緑アロマダブル開花株


      ■3月の管理方法

      ・秋に種まきを行った苗の管理方法
      発芽し、本葉が出揃った苗は、
      ビニールポットなどを使って鉢上げを行います。

      ・株分け
      庭植えや鉢植えで混み合ってきた大株については、
      株分けを行なっておくとより元気に育つことができます。
      株分けは3月〜4月、9月が適期とされています。

      ・花柄摘み
      1本の茎に多くのタネを付けておくとタネの充実が悪くなります。
      また、小さな株や鉢上げしたものに関しても、
      多くのタネを付けると株が弱っていってしまいます。
      そのため、タネが膨らみ始めたら摘み取る作業を行います。

      庭に植え付け・植え替えを行うのも3月はちょうど良い季節だと言えます。
      落葉樹の下などで育てると、環境も良くお庭にも華やかさが増します。





      クリスマスローズ ダブルブラック開花株

      *以上3点はイングの森さんの商品です。
      ほかにも1点ものなど、たくさん入荷されています。


      ■庭植えの管理

      ・水やり
      暖かい気候が続き、雨が降らずに乾燥している場合などは、
      水やりを行います。

      ・肥料
      開花が終わったら株の充実のため、
      カリ分の多い緩効性化成肥料を株元に施すと良いでしょう。


      ■鉢植えの管理

      ・水やり
      空気の乾燥する季節ですので、水切れには注意しましょう。
      天気の良い時は1日1回、午前中に水やりを行います。

      ・肥料
      株の充実のため、カリ分の多い緩効性化成肥料を施します。
      また、液体肥料の1000倍に薄めたものを、
      10日に1回ほど水やりとして与えます。

      ・置き場
      あまり風の当たらない日当たりの良い場所が良いでしょう。
      開花中の花を部屋に飾る人も多いかと思いますが、
      1日中、部屋の中に置きっぱなしですと株が弱りますので、
      適度に日光にあてると良いでしょう。


      ■病害虫の防除について

      3月頃になると暖かくなった事でアブラムシが発生しやすくなります。
      アブラムシの防除としては、ニテンピラム粒剤や、
      アセフェート粒剤などを月に1回散布するのが良いです。

      >>クリスマスローズ 開花株を各種見てみる
       

      JUGEMテーマ:花のある暮らし

      クリスマスローズ


      Christmas rose

      クリスマスローズの良苗♪

      selected entries

      categories

      links

      お勧めです!





      シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品b.glen

      profile

      search this site.

      others

      応援してね!

      にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
      にほんブログ村
      人気ブログランキングへ
      ブログランキング
      ランキングはこちらをクリック!
      FC2 Blog Ranking
      @With 人気Webランキング
      PVランキング
      ブログランキング
      ブログランキングNo.1
      livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
      seo great banner

      • キーワード調査ツール

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM