クリスマスローズ 開花株を各種見てみる

クリスマスローズ 夏越しは?

0

    翌年もきれいな花を咲かせたいですね


    クリスマスローズは、秋から春にかけての、
    柔らかな暖かい日差しは大好きですが、
    夏の強い日差しは、とても苦手です。

    夏は半休眠期ですが、葉は残っています。
    だからといって、日光にあてようと日当たりの良い場所に置いてしまうと、
    暑さで、葉だけでなく根まで傷めてしまい、枯れかねません。

    鉢植えであれば、明るい日陰か、
    午前中のみ数時間日のあたる半日陰の場所に置くと良いですね。


    ■クリスマスローズ 夏越しは?

    ◎庭植えの場合
    庭植えにしていて動かせない場合は、
    よしずをかけたりして日陰を作ってあげます。

    落葉樹など、夏場は葉が茂っていて、
    冬は葉が落ちてしまう植物のすぐ近くに植えると、

    夏の間は、風通しの良い日陰になり、
    冬は日当たりが良い状態になるのでおすすめです。




    夏の水やりに気をつけます


    ◎水やりのコツ

    また、水やりと肥料にも気を付ける点があります。
    花が終わってから次の生育期に入るまで、
    半休眠の状態になったクリスマスローズは、
    根も葉もほとんど生育しません。

    ですので、5月〜9月頃までは肥料を与える必要はありません。
    必要ない肥料を与えていると、根が傷んだり枯れてしまうことがあります。

    夏の暑い時、水が欲しいだろうと水やりを頻繁にしてしまうと、
    根腐れしてしまうことがあります。

    夏場でもただ毎日水をやるのではなく、
    土が乾いたか確認してからたっぷり与えるようにしましょう。




    鉢植えは、涼しい場所に移動してあげると良いです


    ◎鉢植えの場合
    鉢植えの場合は、土の量が少ないので、
    乾きやすい環境になっていることがあります。

    うっかりしていると水切れを起こしてしまうこともあるので、
    土が乾いていたり、葉が横に寝ている状態になっている時は水を与えます。

    庭植えの場合は、水切れを起こすことは少ないですが、
    雨が少ない時期など、土が乾燥して白くなってしまうような時は、
    たっぷりと水を与えます。

    暑さに弱いクリスマスローズですが、蒸れにも弱いです。
    真夏の暑い時期の昼間に水を与えてしまうと、
    蒸れてしまって根腐れすることがあります。

    朝か夕方の涼しい時間帯に水をやるようにしましょう。

    >>クリスマスローズ 原種系の苗を見てみる
    >>クリスマスローズ 開花株を見てみる

    JUGEMテーマ:花のある暮らし


    プロトリーフ クリスマスローズの肥料

    0
      花色がきれいに出ると嬉しいですね 


      プロトリーフは、「高品質」の用土・肥料のブランドです。
      プロトリーフでは、クリスマスローズの肥料の他、
      各種草花専用の用土や肥料が販売されており、
      とても効き目が良く人気があります。



      花芽が出てきたらわくわく♪


      ■プロトリーフ クリスマスローズの肥料とは?

      1.原材料、価格、サイズ

      油粕、米糠、バットグアノ、カニ殻粉末、エビ殻粉末、活性炭、
      などを原材料とした肥料です。
      定価は700グラム、14×20×5センチのものが550円で販売されています。
      割引価格で購入できる園芸店もあります。

      2.N:P:Kの割合

      窒素分3:リン酸分4:カリ分4の有機質肥料です。

      溶けやすい無機態の窒素、リン酸、カリと、
      ゆっくり分解する蛋白質(タンパク質)の配合によって、
      素早く効果が得られ、効き目の持続時間が長いのが特徴です。

      3.プロトリーフの長所
      肥料の効果から、素早く花や、根の生長を促しますので、
      クリスマスローズの花つきはもちろん、花色が格段に良くなります。

      冬、彩りの少なくなったお庭を彩るクリスマスローズに最適です。

      4.有機肥料の白い有益菌について
      プロトリーフのクリスマスローズ用肥料は、白く変色することがあります。
      しかし、この白く変色したものは植物にとって有益な菌となりますので、
      特に除去することなく、そのまま使用してもだいじょうぶです。

      また、これはアミノ酸肥料に生じる特性のようなもので、
      この菌があることによって、土中のバランスが良くなります。

      5.肥料の安全性
      100%有機質肥料ですので、ペットなどが口にしてしまった場合も、
      少量であれば特に問題はありません。

      しかし、あくまでも肥料であり、食用のものではないので、
      ペットや子供が口にしやすい場所で使用する時は、気を付けてください。
      予防策として、土に埋め込むようにして肥料を与えると安心ですね。


      >>プロトリーフ クリスマスローズの肥料を各種見てみる

      JUGEMテーマ:花のある暮らし

      クリスマスローズ 毒性とは?

      0




        クリスマスローズ(Heleborus niger)のヘレボルス(Heleborus)は、
        殺す(Helein)と食べ物(bore)に由来するギリシャ語で、
        毒性のある植物であることを意味しているそうです。

        どのくらいの毒性か危険性なのか調べてみました。


        ■薬草として使われていたクリスマスローズ

        今はもう使われていませんが、昔のヨーロッパでは、
        クリスマスローズを薬草として使っていました。
        無月経、生理不順、精神障害の治癒薬として知られていたようです。


        ■茎・根にあるヘレブリンとラヌンクリン

        ヘレブリンは、心臓の収縮に作用する成分です。
        少量であれば収縮を強める作用がありますが、
        多量を摂取すると心臓が停まってしまう可能性もある毒物です。

        ラヌンクリンは、汁に含まれている物質です。
        この汁が空気に触れると、プロトアネモニンに変わります。
        古代エジプト、ギリシャで精神障害に使われていた物質です。

        クリスマスローズの汁が付いた時にかぶれたり湿疹ができるのは、
        このプロトアネモニン成分が原因ですので、
        ガーデングローブなどを使うと安心です。






        ■クリスマスローズを食べると?

        クリスマスローズをかなり大量に摂取すると、
        吐き気、腹痛、下痢、口や喉が腫れることがあります。

        体の小さな子供や乳幼児、猫や犬などペットが、
        クリスマスローズを誤って口にすると、中毒症状が出る場合があります。
        これはクリスマスローズの種も同様に危険ですので気をつけましょう。


        私自身は、クリスマスローズを10年以上栽培していますが、
        自分の皮膚や子供やペットが問題になったことはありません。
        しかし、子供、猫や犬が食べないように気をつけています。

        冬の寒い時期にクリスマスローズがあれば、
        庭も彩ることができるので安全に楽しみたいですね。

        >>クリスマスローズの開花株を各種見てみる


        JUGEMテーマ:花のある暮らし




        クリスマスローズ 北海道での育て方

        0



          寒さに強いクリスマスローズ


          クリスマスローズの原種の多くは、
          もともと12〜3月中旬頃まで雪に覆われた生活ですので、
          そのあたりは北海道と比べて、条件は変わりません。

          ただし、日本の夏は少し異なります。
          一般的に北海道では、雪解け時期に花芽が伸びるようになり、
          ゴールデンウィークあたりに花のピークを迎え、6月過ぎまで楽しめます。


          ■北海道での育て方のポイント

          植え付け、株分けは、花の盛んな時期に行うのが理想です。
          特に、株分けは新葉の展開する3〜4月に分けてください。

          開花株の株分けは、花茎を切って行います。
          庭植えの場合は、半日陰の場所に、
          鉢植えの場合も、半日陰の場所で管理して、
          株が回復するのを、待ってください。


          ■北海道での注意点

          ヘレボルス・フォエティドゥスは、
          雪の降る前に支柱を立てておくと、
          より綺麗に冬越しができます。

          ヘレボルス・アーグチフォリウス、リヴィダス、ステルニーなどの原種は、
          外では冬越しできないため、室内の明るい場所で育てます。

          その他については、通常通りの育て方で問題ありません。







          ■冬越し&防寒対策

          耐寒性の弱い、上記の原種・交配種は栽培可能です。
          必要に応じて、風よけ対策、マルチングなどを行いましょう。
          無茎種の場合は、雪の下でも充分に冬越しができます。


          ■雪で葉が折れないようにするには?

          雪で葉が折れないように、葉は全てカットしておくのが良いでしょう。
          雪解けまで葉を残すと、新葉や花芽が出る時の邪魔になりますし、
          古い葉が腐ると、ほかまで病気になることもあるため、注意します。

          有茎種の場合は、特に株が倒れてしまうと、
          腐って消えてしまうこともありますから、
          防雪ネットで雪囲いをしておきます。

          その他、寒冷紗、ブルーシート、麻袋なども、利用できますので、
          ぜひ、利用してみてください。



          PROTOLEAFプロトリーフ クリスマスローズの肥料 700g

          JUGEMテーマ:花のある暮らし


          クリスマスローズの防寒対策

          0






            クリスマスローズは、寒さには強い植物と言えます。
            しかし、寒い地域では、防寒対策、防雪対策は必要です。

            また、庭に北風が吹くような場所では、
            こちらの記事を参考に防寒対策をすると良いです。


            ■寒冷地での防寒方法と育て方

            クリスマスローズにもさまざまな品種がありますが、
            その中でも、特に寒さに弱いとされるのが、

            ヘレボルス・リヴィタスや、ヘレボルス・ステルニー、
            ヘレボルス・アーグチフォリウスといった品種です。
            気温がマイナス10度まで下がるような地域では、栽培が難しいでしょう。

            それ以外の原種については、マイナス10度となる寒冷地でも、
            対策をしてあげれば、育てることができるようです。

            また、冬越しは気温だけでなく、環境も重要ですので、
            マルチングや、風除け資材など凍結対策を行ないます。







            ■寒冷地での鉢の置き場所


            鉢植えの置き場所ですが、夜の温度が極端に下がらない場所、
            鉢の内部まで凍結しないような場所に置くようにします。

            鉢土全てが凍結するような場所では、
            クリスマスローズもさすがに枯死してしまいます。

            置き場所を一段高くする、二重鉢にする、
            発泡スチロールの箱に入れるなども有効です。 



            ■有茎種の雪害対策は?

            豪雪地帯の場合は、有茎種は株が腐ってしまうこともあるので、
            支柱を使用して防雪ネットなどの資材で雪害を予防してください。
            無茎種は、雪の下でも安心して冬越しができる品種です。

            また、葉は残しておかずに切っておくほうが、
            春先の新しい葉が、健康に育ちやすいと言えます。

            >>クリスマスローズの開花株を各種見てみる



            クリスマスローズ


            Christmas rose

            クリスマスローズの良苗♪

            selected entries

            categories

            links

            お勧めです!





            シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品b.glen

            profile

            search this site.

            others

            応援してね!

            にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
            にほんブログ村
            人気ブログランキングへ
            ブログランキング
            ランキングはこちらをクリック!
            FC2 Blog Ranking
            @With 人気Webランキング
            PVランキング
            ブログランキング
            ブログランキングNo.1
            livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
            seo great banner

            • キーワード調査ツール

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM