クリスマスローズ 開花株を各種見てみる

7月 クリスマスローズ 原種 栽培

0


    クリスマスローズには、苦手な7月です


    7月、日本の季節は「夏」。
    近年は特に、猛暑日、真夏日も多く、熱中症対策は必須です。

    そんな日本の夏は、植物にとってもまた、非常に過酷です。
    クリスマスローズは、特に水やり不足や灰色かび病に注意します。
    また、同時に梅雨や夕立による過湿にも注意しましょう。


    ■7月 クリスマスローズ 原種 栽培

    ・7月の有茎種、無茎種
    どちらも、「半休眠期」に入りますので、
    発芽苗でさえも、生育はみられません。

    有茎種の場合も、無茎種の場合も、
    葉はそのままの状態になります。

    ヘレボルス・ニゲルは枯れ始めた部分から切り取っておくこと、
    ヘレボルス・チベタヌスは、落葉を抑えるため、
    特に涼しい場所で管理するよう気をつけて育ててください。

    ・7月の育て方のポイント
    6月から続く梅雨の影響から過湿になり、根が傷みやすくなります。
    そのため、6月〜7月にかけての雨の多い時期は、過湿に注意します。

    逆に、梅雨でも晴れている時は、気温が高くなるので、
    水切れにも注意しなくてはいけませんね。

    この時期のクリスマスローズを上手に管理するには、
    天気予報の力も借りるべきだと言えるでしょう。
    さらに、夕立、台風による過湿からの根腐れにも気をつけます。



    花を待ち焦がれて栽培しましょう


    ■7月に行う作業

    ・寒冷紗
    この時期は、株の日焼けや蒸れが心配される時期です。
    日光の強い場所では、株を寒冷紗で覆い、
    しっかりと日除け対策を行います。

    また、寒冷紗を使用する時は、寒冷紗と株との間に、
    きちんと空間ができるようにして使用します。


    ■鉢植えの管理

    ・置き場
    有茎種と無茎種とは、管理方法が異なりますが、
    さらに、その中の種類でも、それぞれ耐暑性が違うため、
    原種の種類に応じた置き場で管理することが必要になります。

    基本的には、「明るい日陰から、半日陰」、
    または「半日陰〜午前中のみ日の当たるところ」
    のどちらかで栽培を行います。

    コケが生えたら注意します。
    クリスマスローズの鉢植えにコケが生えるのは、
    水はけが悪く、土の中が過湿状態だと言えます。

    そのままにしておくと、根腐れしてしまう場合がありますので、
    雨が直接当たらない位置に置き換えるなどの工夫をします。

    ・水やり
    夏の水やりは、早朝または夕方以降に行うのが良いです。
    一番良いのは、早朝です。

    気温の高い日中に水やりを行うと、
    あげた水の温度が上昇し、株を傷めてしまいます。

    水やりの頻度は、週に3回程度が一般的です。
    ただし、7月の暑い日々は、日中に光合成が盛んに行われるため、
    葉からの蒸散も多く、水切れを起こしやすくなっています。

    用土の表面が白く乾いてきたら、
    鉢底から流れ出るくらいの水を与えてください。

    ・肥料
    肥料は与えませんが、水やりの代わりに、
    活力剤を使用するのが、お勧めです。
    15日に1回程度、株の勢いを止めないよう与えてみてください。



    横顔も素敵なクリスマスローズ


    ■庭植えの管理

    ・水やり
    梅雨明けまでは、水やりは不要です。

    梅雨明け後からは、様子を見ながら水やりをしていきます。
    また、水やりをする時は、株の周りにも打ち水として水を撒くと、
    気温が下がり、夏越ししやすくなります。

    雨の当たらない場所で管理しているクリスマスローズは、
    鉢植え同様、土の表面の乾き具合をみて水やりを行ってください。


    ■病害虫の防除について

    病気について言えば、6月と同じく、軟腐病や、うどんこ病、
    べと病、黒斑細菌病(ブラックスポット)、
    灰色かび病などの病気が発生しやすいです。

    害虫については、ヨトウムシ、ナメクジ、アオムシ、
    バッタなどの防除に努めてください。

    >>7月のクリスマスローズ園芸種の育て方はこちらです

    >>クリスマスローズ 原種系の苗を見てみる
    >>クリスマスローズ 開花株を見てみる

     

     

    JUGEMテーマ:花のある暮らし

     

     

     

     

     


    6月 クリスマスローズ 原種 栽培

    0

       
      次のシーズンも立派な花が見られますように


      6月は、原種・原種系交配種にとって過酷な季節です。
      まずは、日差しの問題です。

      少し、日差しの強くなるこの季節は、
      鉢植えの置き場所を考える必要、
      庭植えは日除けを設置すること考える必要があります。

      そして、6月は、梅雨を迎えます。
      過湿にならないように、気を付けて栽培します。


      ■6月 クリスマスローズ 原種 栽培

      ・6月の有茎種
      新しいステムに、新葉がつき、古いものから順に枯れます。
      ヘレボルス・ヴェシカリウスは、
      休眠期に向けて、徐々に下から枯れていきます。

      ・6月の無茎種
      無茎種は、ほとんど生長が止まりますが、新葉が見られます。
      ヘレボルス・オドルスや、ニゲルは、蕾が見られることもあります。

      ・6月の育て方のポイント
      クリスマスローズは、暑さに弱く、
      この時期は、半休眠状態になりますが、
      葉はしっかりと光合成を行い栄養分を蓄えます。

      しかし、6月は日差しが強すぎて葉焼けを起こすこともあります。
      葉を傷めないように栽培するのが、6月のテーマです。

      特に、細い葉を持つものや、班の入った葉のもの、
      繊毛の生えている株などは、夏の暑さに弱いクリスマスローズです。

      例えば、ヘレボルス・ムルチフィダス・ヘルツェゴヴィヌスや、
      ヘレボルス・ボッコネイなどは、
      水切れしやすいので、注意して管理しましょう。

      また、6月は風通し良く育てることも大切です。



      葉の様子にも注意します



      ■6月に行う作業

      ・寒冷紗
      強い日差しが当たり、鉢の中が高温になると、
      株は蒸れてしまい、根腐れを起こします。

      そのため、寒冷紗などの日除け対策を行い、
      株が熱くなり蒸れるのを防ぎます。

      また、前もって寒冷紗をかける隙間を作っておくことが大切です。
      そうしないと、風通しが悪くなり、かえって株を蒸らしてしまいます。

      ・二重鉢
      夏の暑さ対策として、「二重鉢」にする方法があります。

      今、クリスマスローズを育てている鉢よりも、
      1〜2まわり大きめの鉢に、鉢ごと入れる方法です。

      こうすると、鉢の中の温度上昇を防げるので、
      高温多湿になりにくいのです。

      外側に使用する鉢を白いものにしたり、
      鉢と鉢との隙間に資材を入れると、
      より、その効果も高まります。

      ・用土
      株元に根が見えてきた時は、用土を追加しましょう。

      ・種の採取、採りまき
      種の採取や、採りまきは、梅雨前に行いたい作業ですので、
      なるべく、6月でも早い時期に行うようにします。

      方法は、5月の「種の採取」「種まき」を参照してください。

      ・花茎切り、花がら切り、株元の整理
      こちらも同様に、梅雨前に行いたい作業です。
      こちらも、4月、5月と方法は同じとなりますので、
      下記をご覧ください。
      >>5月 クリスマスローズ 原種 栽培


      ■鉢植えの管理

      ・置き場
      明るい日陰〜半日陰の場所、
      または、半日陰〜午前中くらいまで日の当たる場所で管理します。

      これは、クリスマスローズの種類によって変わります。

      鉢と鉢との間隔は、葉が触れ合わない程度の距離は確保し、
      風通しが妨げられることのないよう、配慮します。

      また、鉢台や、すのこ台などの上で鉢植えを栽培するほうが、
      底の風通しが良くなり、健康な状態を保てます。

      特に、ヘレボルス・リヴィダスやヘレボルス・フェチダス、
      ヘレボルス・ヴェシカリウスなどは、蒸れに弱いので、
      軒下などの場所で管理すると良いでしょう。
       

      スノコの上に鉢を置くと蒸れにくく快適です

      ・水やり
      6月は、梅雨の季節です。

      また、日差しも強くなり、気温も上がりますが、
      梅雨で降雨量が増えますので、水やりの回数は、
      先月通り、週に2〜3回くらいで大丈夫です。

      ただし、気温の上昇で水やりした水が暖められますので、
      なるべく、早朝または夕方以降に行うようにします。

      また、「透水剤」を使用するのも、1つの方法です。
      水分の浸透を良くするだけではなく、降雨量が増えた時などの、
      余分な水分を排出する効果があり、たいへん便利です。

      ・肥料
      6月は肥料は不要です。

      しかし、活力剤は使用するほうが、
      クリスマスローズの株の勢いを維持できます。



      梅雨と夏を乗り切れば


      ■庭植えの管理

      ・水やり
      雨の当たらない場所に育てている場合は、水やりが必要ですが、
      基本的に、雨の当たる場所であれば、水やりは不要です。

      ・肥料
      とくに与えません。


      ■病害虫の防除について

      気温が上昇するこの季節は、べと病、灰色かび病、うどんこ病、
      軟腐病、ブラックスポット(黒斑細菌病)が発生しやすくなります。

      逆に、気温上昇に弱い、モザイク病、ブラックデスなどの、
      ウィルス病は発生しにくくなります。

      害虫は、浸透移行性殺虫剤の効果を確認しつつ、
      防除していきます。

      コナガ、ヨトウムシなど咀嚼性の害虫は、
      見つけ次第捕殺するように心がけましょう。

      >>6月のクリスマスローズ園芸種の育て方はこちらです

      >>クリスマスローズ 原種系の苗を見てみる
      >>クリスマスローズ 開花株を見てみる
       

      JUGEMテーマ:花のある暮らし

       


      クリスマスローズ原種 育て方 12ヶ月 目次

      0




         ■クリスマスローズ原種 育て方 12ヶ月 目次

        *青い文字をクリックすると、各月の詳しい解説ページに移動します。
         
        ・1月 クリスマスローズ 原種 栽培

        ・2月 クリスマスローズ 原種 栽培

        ・3月 クリスマスローズ 原種 栽培

        ・4月 クリスマスローズ 原種 栽培

        ・5月 クリスマスローズ 原種 栽培

        ・6月 クリスマスローズ 原種 栽培

        ・7月 クリスマスローズ 原種 栽培

        ・8月 クリスマスローズ 原種 栽培

        ・9月 クリスマスローズ 原種 栽培

        ・10月 クリスマスローズ 原種 栽培

        ・11月 クリスマスローズ 原種 栽培

        ・12月 クリスマスローズ 原種 栽培





        >>クリスマスローズの開花株を各種見てみる

        JUGEMテーマ:花のある暮らし

         

        クリスマスローズ


        Christmas rose

        クリスマスローズの良苗♪

        selected entries

        categories

        links

        お勧めです!





        シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品b.glen

        profile

        search this site.

        others

        応援してね!

        にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
        にほんブログ村
        人気ブログランキングへ
        ブログランキング
        ランキングはこちらをクリック!
        FC2 Blog Ranking
        @With 人気Webランキング
        PVランキング
        ブログランキング
        ブログランキングNo.1
        livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
        seo great banner

        • キーワード調査ツール

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM