クリスマスローズ 開花株を各種見てみる

10月 クリスマスローズは生育期を迎えます

0




    ミヨシのクリスマスローズ ルーセブラック ポット苗 980円
    たいへん人気のあるブラックです


    10月はクリスマスローズの本格的な生育期です。
    この時期に肥料不足や水切れを起こすと、
    花芽の生長に悪い影響がありますので、
    栽培管理をていねいにしていきましょう。

    作業にはちょうど良いお天気が続きますので、
    植え付け・植え替え、株分けなど、
    春にできなかった作業も行うと良いでしょう。


    ■10月の管理方法

    種まきは10月下旬〜11月上旬が目安です。
    土の中に保存していたものを使う時は、
    カビや虫などの発生がないか、
    今一度、確認してからまくようにしましょう。

    庭への植え付けや、植え替え、鉢替えもこの頃が目安です。
    こういった作業をしていると、
    いよいよ本格的なクリスマスローズの時期を迎えるのだな〜、
    とわくわくと楽しくなりますね。

    また、株分けも必要であれば行います。
    なるべく根っこを切ることのないよう注意してください。





    N1358-60 ミヨシ クリスマスローズ 開花株 グリーンカクテル 980円

    *2点ともイングの森さんで販売されています。
    季節の花たちもお手頃価格で楽しく親切な通販です。


    ■庭植えの管理

    ・水やり
    晴天が続くような場合は水を与えますが、それ以外の場合は、
    特に水やりのお手入れは行わなくて構いません。

    ・肥料
    肥料切れには注意します。
    リン酸分の多い緩効性化成肥料を施していきます。


    ■鉢植えの管理

    ・水やり
    鉢土も乾燥する頃となりますので、天気が良い日は1日に1回、
    午前中にたっぷりと水を与えてください。
    くれぐれも水切れを起こさないように注意してくださいね。

    ・肥料
    鉢植えは庭植えよりも肥料切れを起こしやすいと言われています。
    1ヶ月に1回を目安とし、リン酸分の多い緩効性化成肥料を、
    施していきます。

    ・置き場
    10月は1日3時間以上は日光に当ててあげるようにしてください。


    ■病害虫の防除について

    原種系、その交配種などは、斑点細菌病・べと病などの、
    病害が発生することもあります。
    この時期に傷めてしまうと、その後の生育に問題が出るため、
    気をつけて観察と防除をしてください。

    >>クリスマスローズの開花株を各種見てみる

     

     

    JUGEMテーマ:花のある暮らし

     

     


    6月 梅雨時期のクリスマスローズの管理には注意を

    0


      原種系はとくに梅雨に敏感です


      6月になると日本は梅雨の時期を迎えます。
      高温多湿の梅雨の季節はクリスマスローズを管理する上で、
      非常に過酷な気候だと言えます。

      生育条件が悪くなっている時ですので、根腐れなどが
      起こらないように、管理には十分気をつけて下さい。

      また、種の採取時期もだいたい6月頃です。
      飛散しないように袋をかける等し、種の採取していきましょう。


      ■6月の管理方法

      ・種取り
      種は徐々に大きくなり、やがてはじけて下に落ちます。
      袋掛けをしておくと、種を飛散させずに採取することが出来ます。

      袋掛けをしなかった物に関しては、さやが褐色になったのを目安に
      花首から切り取っていきます。

      ・種の保存方法
      クリスマスローズの種は乾燥させると発芽が悪くなります。
      そのため、まずは種の表面に付いているぬめりを水で洗い、
      乾かない内にとりまきをするか、ストッキングなどに入れて
      日陰の水はけの良い場所に埋めておきます。

      ・種まき
      少量の種まきをするのであればとりまきがお勧めです。
      しかし、大量に種まきを行いたい場合などは10月頃まで
      種まきを待ちましょう。



      梅雨と夏を乗り切れば、また美しい開花を見られます


      ■庭に植えの管理

      ・水やり
      水を与えすぎてしまうと病気が起こりやすくなります。
      少し乾かす程度に水やりを行なっておくと良いでしょう。
      雨の少ない時はだいたい、1週間に1回たっぷりとあげるくらいで
      構いません。

      ・肥料
      この時期は病気から守るためにも肥料は与えません。

      ・その他の管理
      西日が強く当たる場所に植えている場合は、
      日陰になるように工夫しましょう。
      また、水はけの悪い場所とならないよう注意して下さい。


      ■鉢植えの管理

      ・水やり
      鉢の表面が乾いてきた頃を目安に水やりを行います。

      ・肥料
      庭植えと同じく、この時期には肥料を与えないで下さい。

      ・置き場
      高温多湿の6月は根腐れが起こりやすい季節と言えます。
      なるべく雨の当たらない風通しの良い場所で管理しましょう。


      ■病害虫の防除について

      土壌病害(根腐れ病・白絹病など)には注が必要です。
      その他、アブラムシの予防・灰色かび病の防除なども
      行なっておきましょう。

      >>クリスマスローズの苗を各種見てみる
       

      JUGEMテーマ:花のある暮らし

      5月 クリスマスローズの開花が終わる時期です

      0



        透き通る美しさ


        1月後半より楽しませてくれたクリスマスローズの開花は終わり、
        休眠に入る時期に近づいて来ました。

        株分けをしたものに関しては新葉が展開し、
        徐々に元気が出てきたのではないでしょうか?

        これからどんどん日差しは強くなり、梅雨と夏を迎えます。
        そのためにも、今まで以上に管理には気を配りたいところですね。


        ■5月の管理方法

        ・切り取り
        花の終わった花茎はハサミで切り取りますが、
        タネを残しておくものに関しては、そのまま残していきます。
        有茎種も黄色く枯れてくる頃になりますので、株元より
        切り取りの作業をしておきます。

        ・種取り
        交配後2ヶ月すると徐々にタネが熟してきます。
        タネは熟せば自然に下へと落ちて行きます。
        そのため、袋掛けをしておくと管理が非常に楽です。

        1つ1つに袋掛けをする場合には小さな袋を用意しますが、
        1度に多くの種を取る場合は、ブドウやナシの袋かけに使われる
        袋を利用すると良いかと思います。

        クリスマスローズの種は乾燥させると発芽しにくくなりますので、
        乾かさないように管理をしておく必要があります。

        ・種まき
        少量の種をまく場合はこの時期でも構いませんが、
        大量にまく場合には、10月頃まで待ったほうが良いでしょう。




        ミヨシのクリスマスローズ:*ピンクラッフル4.5号ポット 開花株 セール価格 1,039円
        *ほかにも多数の開花株がセールとなっています。

        ■庭植えの管理

        ・水やり
        晴れている日には1日に1回の水やりを行います。
        乾燥すると生育も落ちますので、暑さには気をつけて下さい。

        ・肥料
        5月を過ぎて肥料を施すと根に病害が発生しやすくなるため、
        肥料は5月下旬までに終わらせておきましょう。

        ・その他の管理
        クリスマスローズは高温の直射日光に弱いため、
        西日の強い場所にある場合、遮光を考えなければいけません。
        また、風通しの良い所であることを忘れないようにしましょう。


        ■鉢植えの管理

        ・水やり
        まだ新葉が出る頃です。
        乾燥しないように注意しましょう。

        ・置き場
        5月になると日中の日差しも徐々に強まります。
        葉焼けをするようになってしまいますので、
        風通しの良い明るい日陰に移して管理しましょう。


        ■病害虫の防除について

        ヨウトムシやアブラムシの発生が増える頃となります。
        土壌処理剤などを利用し、上手に防除をしていきましょう。

        >>クリスマスローズの苗を各種見てみる
         

        JUGEMテーマ:花のある暮らし

         


        4月 開花のピークを終え手入れの季節です

        0


          繊細な雰囲気ですがよく咲いてくれます


          4月になると、クリスマスローズは、
          開花期の終わりに近づいてきています。

          遅咲き種であるヘレボルス オリエンタリスなどは、
          まだ花を楽しむことができますが、
          次第に結実してくるようになります。

          4月は、来年も美しいクリスマスローズを咲かせるために、
          とっても大切な管理作業がたくさんあります。

          クリスマスローズは、丈夫な花ですし、
          それほど難しいことではないので、
          ぜひ、実践してみてください。


          この種類は、株分けで次々と増やせました


          ■4月の管理方法

          ・株分け
          株分けは4月の上旬までに済ませておきましょう。

          ・植え付け、植え替えをする場合
          庭植えをする場合は、落葉樹の下など夏に日光の直接当たらない、
          水はけの良い場所などに植えていきます。

          水はけの良くない土は、やや深めに掘り返して、
          山野草の用度を入れると、元気にそだってくれます。

          鉢植えの場合は、クリスマスローズの生長がとても早いため
          それに遅れないように鉢を替えておきます。
          目安としては1〜2周りくらい大きな鉢がお勧めです。

          ・花茎切り
          クリスマスローズは結実しやすいのが特徴です。
          しかし、タネを付けたままにしてしまえば株も弱ってしまい、
          来季に綺麗な花を咲かせられなくなってしまいます。

          鉢植えの場合は特に、花を咲かせて結実させると、
          生育が悪くなるため地際から切り取ります。

          ヘレボルス フォエティドゥスなどの有茎種の場合には、
          花茎が黄色くなってからが目安です。


          原種系も育ってくれると、とっても嬉しいです


          ■庭植えの管理

          ・水やり
          晴れている日には1日に1回の水やりを行います。

          ・肥料
          株分けや植え替えを行い場合、翌年も花を咲かせるようにと
          肥料を施します。4月下旬までに終えるようにしてください。


          ■鉢植えの管理

          ・水やり
          開花中同様、水切れには注意します。
          天気が良い日には1日1回の水やりを行います。

          ・肥料
          庭植えの場合と同様です。

          ・置き場
          4月下旬頃になったら樹木の下など、風通しが良く
          直射日光が当たらない明るい日陰に移動させます。


          ■病害虫の防除について

          新芽や茎を食べてしまうヨトウムシには注意が必要です。
          見つけ次第、捕殺します。

          また褐斑病やアブラムシなどが発生してしまった場合は、
          ニテンピラム粒剤や、アセフェート粒剤などで防除を行なって下さい。

          >>クリスマスローズの新着の苗を各種見てみる
           

          JUGEMテーマ:花のある暮らし

          12月 クリスマスローズは開花期を迎えます

          0


            いよいよ開花する嬉しい季節です


            クリスマスローズの栽培は年間を通じて知っておくと、
            より元気で美しい花が見られます。

            12月、クリスマスローズの中でも早咲きとされている種類である、
            ノイガー、フォエティドゥス、リウィドゥスなどは早くも開花します。

            その他のクリスマスローズにしても、開花前の大切な時期になるため、
            庭や鉢を綺麗に掃除に、管理も怠らないようにしましょう。


            ■12月の管理方法

            オリエンタリスのような品種は、古葉の切り取りを行います。
            綺麗なハサミを使う、切り取り後の管理もしっかり行うなど、
            注意点が多いお手入れでもあります。

            花茎の伸びる有茎種を育てている場合は、支柱が必要な事も、
            あります。東北・北海道・日本海側など積雪が考えられる場合は、
            支柱も忘れずに準備しましょう。

            また、9〜10月に種をまいた育苗箱は寒い場所で管理し、
            霜柱が立つほど寒さに当ててからハウスなどに入れてあげると、
            発芽が早まります。


            ■庭植えの管理

            ・水やり
            乾燥していない場合は特に水やりも必要ではありません。
            乾燥している場合につき、水やりを行なってください。

            ・肥料
            バーク堆肥をマルチングし、油粕を施します。



            人も花も心待ちにしていました


            ■鉢植えの管理

            ・水やり
            空気が冷たく乾燥しますので、1日に1回午前中に水やりをします。

            ・肥料
            鉢植えは庭植えよりも肥料切れを起こしやすいと言われていますので
            覚えておきましょう。
            1ヶ月に1回を目安とし、リン酸分の多い緩効性化成肥料を
            施していきます。

            ・置き場
            風が当たらない日当たりの良い場所に移動しておきます。



            兄弟のように並んで咲くのも可愛らしいです


            ■病害虫の防除について

            12月は病害虫発生の心配もありませんが、葉の裏側に、
            アブラムシが発生することもあります。

            アブラムシは、ウィルス病を伝染させる可能性もありますので、
            アセフェート剤などを散布し、前もって予防しておくと良いでしょう。

            ■参考 下記もあわせてご覧下さい
            ・クリスマスローズ 育て方 12ヶ月

            >>クリスマスローズの苗を各種見てみる

             


            クリスマスローズ


            Christmas rose

            クリスマスローズの良苗♪

            selected entries

            categories

            links

            お勧めです!





            シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品b.glen

            profile

            search this site.

            others

            応援してね!

            にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
            にほんブログ村
            人気ブログランキングへ
            ブログランキング
            ランキングはこちらをクリック!
            FC2 Blog Ranking
            @With 人気Webランキング
            PVランキング
            ブログランキング
            ブログランキングNo.1
            livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
            seo great banner

            • キーワード調査ツール

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM