クリスマスローズ 開花株を各種見てみる

4月 クリスマスローズ 原種 栽培

0

     
    新しいステム(花茎)が立ち上がります


    4月は、まだ開花の楽しめる株もありますが、
    徐々に子房は膨らみ、新葉の展開する季節を迎えます。
    生長していくようすは、輝かしい雰囲気があります。

    ・4月の有茎種
    原種系の交配種となる有茎種は、まだまだ開花の見頃の途中です。
    新しいステム(花茎)が立ち上がり、新葉が展開されていく頃です。

    ・4月の無茎種
    無茎種の開花の最盛期は、3月となりますので新葉の展開がメインです。

    ・4月の育て方のポイント
    4月は、有茎種の花茎切り、無茎種の花がら切りなどの作業もあります。
    暖かく、作業のしやすい季節となりますので、
    しっかりと育てていきたいですね。


    ■4月に行う作業

    ・花茎切り(有茎種)、花がら切り(無茎種)
    種を取る予定のないものは、4月中に花茎・花がら切りを行って、
    株を無駄に消耗させることのないようにします。

    早めに切り取れば、クリスマスローズの切り花として使えます。

    有茎種の花茎切りは、多くの花の雄しべが落ちて、子房が膨らみ、
    ステムが新しく伸びて小さな葉の見えるようになった頃に行います。
    株元より約5センチほどを残し、切り取ってください。

    ただし、有茎種は根や茎が非常に弱いため、
    切った部分から病気が発生して枯れてしまうこともあるため、
    長めに残すのがポイントです。

    新しいステムがなかなか伸びてこない場合は、
    花房を先に切り、葉だけを残してから、
    同様に作業を進めてください。

    無茎種の花がら切りは、多くの雄しべが落ちて、子房が膨らみ、
    新しい葉柄が徐々に伸び始めてくる頃に行います。
    株元より約3センチほど残して、切り取ります。



    翌シーズンの開花を楽しみに

    ■鉢植えの管理

    ・置き場所
    新しい葉の展開しはじめる4月は、気温や、湿度の上昇もあり、
    より株が蒸れやすくなる季節です。

    病害虫の防除のためにも、日当たりと風通しの良い場所で管理し、
    鉢同士の間隔も開けるようにしてください。

    ただし、ヘレボルス ブルジクス、ヘレボルス ボッコネイ、
    ヘレボルス トルカータス、ヘレボルス ムルチフィダス ムルチフィダス、
    ヘレボルス ムルチフィダス ヘルツェゴヴィヌスなどの原種は、
    同じクリスマスローズでも、強い日差しを苦手とする原種ですので、
    半日陰などで育てるのが良いです。

    ・水やり
    関東地方より西の地域では、降雨量も徐々に増えるため、
    週に2回程度の水やりで十分です。
    午前10時頃までの早い時間に、
    しっかりと水を与えてください。

    ・肥料
    開花後、新葉がぐんぐん展開している株に関しては、
    リン酸分、カリ分の多い液体肥料を15日に1回程度与えます。





    ■庭植えの管理

    水やりも、肥料も特に与える必要はありません。
    十分な観察は必要となりますが、特に管理として注意する点はなく、
    比較的栽培の楽な時期です。


    ■病害虫の防除について

    3月同様、灰色かび病、立ち枯れ病などの発生が見られます。
    また、4月になると、べと病や、ブラック・デス、モザイク病などの、
    ウィルス病もどんどん発生しやすい状況になります。

    また、2月に散布した殺虫剤の効果もこの頃になると薄れるため、
    必要である場合は、再度散布すると安心です。

    この時、同じ薬剤を使用するよりは、別の薬剤を使用するほうが、
    耐性が出来にくく効果を安定して得られるため、使い分けを行うようにしましょう。

    >>4月のクリスマスローズ園芸種の育て方はこちらです

    >>クリスマスローズ 原種系の苗を見てみる
    >>クリスマスローズ 開花株を見てみる
     

    JUGEMテーマ:花のある暮らし

    12月 クリスマスローズ 原種 栽培

    0



      もうすぐ開花です、大切にお手入れを


      12月のクリスマスローズは、多くの種類がいっせいに蕾を付け始めます。
      すぐそこに迫る開花がたいへん楽しみになりますね。
      開花まで後少し、心を込めて、しっかりとお手入れしてあげましょう。

      ・12月の有茎種
      花茎(ステム)頂部の新芽が大きくなり、蕾が付き始めます。
      有茎種は、まだまだ葉も楽しめる時期です。

      ・12月の無茎種
      株元にある新芽(花芽)が大きくなり出します。
      花芽は丸みがあるのが特徴で可愛らしいですが、
      無茎種の一部は、葉が枯れ始める時期でもあります。

      日本で栽培する場合は、秋に落葉すると言われる無茎種ですが、
      生育環境さえ良ければ、葉は年明けまで残るものです。

      ・12月の育て方のポイント
      植え付け、植え替え、株分けがまだの場合は、早めに行います。
      通常の適期は10月、遅くとも12月です。早め早めに作業を行ってください。

      また、ピートモス、ヤシ殻主体の用土で植え替えられた株は、
      入手後すぐに植え替えるようにします。




      蕾ができると嬉しいですね


      ■12月に行う作業

      ・植え付け
      植え付けを行うのは、開花株、開花見込み株のみです。
      その他の小苗などは、庭植えにはまだサイズが足りないため、
      鉢などで育てて、庭への植え付けは行いません。

      植え付けのポイントは、根鉢を良く崩したあとに植えつけること、
      そして、深植えにしないことです。

      レイズベッドに植え付けるのが特におすすめの方法です。
      この場合、馬糞堆肥、緩効性化成肥料を用いて元肥とします。
      水はけが悪い場合は、日向土、パーライトを利用すると良いでしょう。

      ・植え替えと株分け
      鉢植えの場合は、1年〜2年ごとに、一回りから、二回りほど大きい鉢へ植え替えます。
      植え替えのポイントも、良く根鉢を崩して広げることが大切です。

      しかし、フェチダスや、リヴィダスといった原種は、根茎が貧弱であるため、
      軽く解す程度にとどめておきましょう。

      用土は、赤玉土中粒や、日向土小粒、馬糞堆肥、ゼオライト細粒、
      燻炭などを利用します。元肥は、リン酸分、カリ分の多い化成肥料です。

      芽数が6芽以上になった株は、株分けができます。
      ここでのポイントは、1つに対して、3つ以上の芽が付くように分けることです。
      ナイフやマイナスドライバーなどでこじるようにすると、上手く分けられます。

      3つ以上の芽を付けて株分けすれば、夏越しもできますし、
      株の生長も充分で、開花が遅れずに楽しめます。

      ただし、フェチダスに関しては、
      株分けが行えない原種ですので覚えておきましょう。

      ・下葉取り、古葉取り
      ヘレボルス・フェチダスなどの有茎種は、傷んだ葉の葉柄を、
      付け根部分より約3センチほど残して、ハサミで切り取ります。
      通気性が良くなるので、株が蒸れず、病気も発生しにくくなります。

      ヘレボルス・ムルチフィダス・ヘルツェゴヴィヌスなどの無茎種は、
      細い小葉が枯れてくるので、枯れた葉の葉柄を約3センチほど残してハサミで切り取ります。
      枯れた葉は順次とって、枯れていない葉のみを残して行きます。




      ミヨシクリスマスローズ(原種系):*ダブルファンタジー3号ポット


      ■鉢植えの管理

      ・置き場所
      この時期は、なるべく冷たい風に晒しすぎないようにします。
      また、10月〜11月同様、12月も通気性の良いひなたで管理します。

      ・水やり
      乾燥するこの時期の水やりの目安は、週に1〜2回です。
      用土が乾いた時にたっぷりの水を与えるのが重要です。
      水やりの作業は、午前中、10時くらいまでに行いましょう。

      ・肥料
      11月下旬に肥料を追肥した場合は、12月は液体肥料のみを与えます。
      約15日に1回、リン酸分、カリ分の多い液体肥料を与えます。


      ■庭植えの管理

      雨の当たらない場所などでなければ、水やりは不要です。
      また、この時期は追肥も要りません。


      ■病害虫の防除について

      空気の乾燥する12月ですが、うどんこ病、灰色かび病には気を付けたいです。
      この時期は、園芸店、ホームセンターなどで苗を入手する人も多いと思いますが、
      もともと温かい場所で管理されていたものは、
      病気を持つ場合もあるので注意します。

      害虫は、ハモグリバエ、別名エカキムシに注意してください。
      被害が大きく広がってしまった場合は、葉ごと除去するのも1つの策です。

      >>12月のクリスマスローズ園芸種の育て方はこちらです

      >>クリスマスローズ 原種系の苗を見てみる
      >>クリスマスローズ 開花株を見てみる

       

       

      JUGEMテーマ:花のある暮らし

       

       


      11月 クリスマスローズ 原種 栽培

      0

         


        秋から冬になるこの季節は、新芽の動きも活発になる頃です。
        個体差も大きいですが、徐々に蕾が見られるものもあり、
        これからの開花時期がたいへん楽しみになってきます。

        ・11月の有茎種
        11月は、花茎(ステム)の頂部に新芽が現れる頃です。
        有茎種の生長は、やや不規則であるため、
        この時期から、蕾が見られるものも、出てくるでしょう。

        ・11月の無茎種
        無茎種は株元に新芽が現れる種類のことです。
        無茎種の場合、有茎種とは違い、

        小葉の緑が黄色くなっていき、枯れ始めるものもありますが、
        健全なものは、まだまだ葉の茂る時期です。
        無茎種の中では、ヘレボルス・オドルスに蕾が見られることもあります。

        ・11月の育て方のポイント
        必要である場合にのみ、植え付け、植え替え、株分けなどの作業を行います。
        寒冷地ではない場合、これらの作業は10月が最も適しています。

        北海道、東北などの寒い地域では、春が適期となります。

        しかし、11月でもまだ充分に行える季節です。
        なるべく寒くなりすぎないうちに、行うのが良いでしょう。


        ■11月に行う作業

        ・植え付け
        植え付けを行うのは、開花大株、開花見込み株です。
        まだ小さな苗は、この時期に庭植えしても、良く育ちませんので、
        まずは、鉢植えとして株を大きくしてから、植えつけるようにします。

        植え付けは、根鉢を良く崩して、水はけの良い場所に植えます。
        この時、深植えにすると、灰色かび病などの病気になりやすくなるので、
        浅植えにすることがポイントです。

        また、無茎種の場合、株元に新芽がありますので、
        その芽を、傷めないように注意します。

        ・植え替えと株分け
        根詰まりを起こさせないため、古くなった用土を変えるため、
        鉢植えの場合、1年〜2年に1回、植え替えの作業を行います。

        この時期に購入したポット苗は、根詰まりしている傾向にあるので、
        優しく、根鉢を崩してから植え替えの作業をします。

        クリスマスローズの原種のうち、ヘレボルス・フェチダスや、
        ヘレボルス・リヴィダスは、根茎が強くないため軽く崩すようにします。

        鉢は、徐々に大きなものに取り替えます。
        しかし、大きすぎると湿度が高くなりすぎてしまい、生長を阻害するため、
        1〜2まわりほど、大きなものに替えていくようにします。
        こちらも同様、深植えはせず、浅植えにしましょう。

        株分けは、芽の数が6芽以上になったものに対し行います。
        作業中に芽を痛めることがないよう、注意しつつ、
        3芽以上ずつに、分けていきます。

        1つに1芽でも分けられますが、株自体の勢いが弱まりますので、
        苗の生長に大きく影響し生育が悪くなります。
        なお、有茎種のヘレボルス・フェチダスは株分けには向かない原種です。

        ・下葉取り、古葉取り
        有茎種は、傷んでしまった下葉を取ります。
        無茎種の場合は、12月下旬頃まで葉が残るものも多いです。

        ヘレボルス・ムルチフィダスの亜種、ヘルツェゴヴィヌスなどは、
        葉が傷みやすいため、徐々に枯れていくこともあります。
        そういった場合は、こまめに枯れた葉をとっておきます。


        ■鉢植えの管理

        ・置き場所
        風通しが良い、ひなたで管理します。

        ・水やり
        土の表面が乾いた時に、たっぷりと潅水します。
        朝〜10時くらいまでのうちに、水やりをするのが理想的です。
        少し気温は下がるものの、降水量の少ないこの時期は、
        週に1〜2回の水やりが必要です。

        ・肥料
        11月下旬には、カリ分、リン酸分の多い、油粕や、
        緩効性化成肥料を与えます。
        水やりの代わりに、15日に1回、液体肥料も与えましょう。


        ■庭植えの管理

        水やりは、一般的に不要ですが、あまり雨の当たらない場所では、
        用土が乾燥していないかを、確認しながら、管理するのが良いでしょう。
        肥料については、施しません。


        ■病害虫の防除について

        黒斑細菌病、軟腐病、べと病、灰色かび病、ブラックデスが良く見られます。
        害虫については、ハモグリバエ、アオムシ、アブラムシなどが発生します。

        >>11月のクリスマスローズ園芸種の育て方はこちらです

        >>クリスマスローズ 原種系の苗を見てみる

         

         

        JUGEMテーマ:花のある暮らし

         

         


        8月 クリスマスローズ 原種 栽培

        0

           


           
          この時期はとても苦手なクリスマスローズ


          8月は、1年で最も暑い月ですね。
          クリスマスローズと名の付く冬の花には、
          少々辛い季節になります。

          特に、お盆前までは猛暑日も連日続くので、
          猛暑対策はしっかりと行い、株が弱らないように注意しましょう。

          夏越しのポイントは、水やりと日除けです。
          8月のクリスマスローズの管理方法について、
          詳しく紹介していきたいと思います。


          ■8月 クリスマスローズ 原種 栽培

          ・8月の有茎種、無茎種
          有茎種、無茎種ともに、半休眠状態に入っています。

          ・8月の育て方のポイント
          この時期に水切れさせると、葉焼けして、葉が変色し、枯れてしまうため、
          水の管理に特に力を入れます。
          特に、葉、一枚一枚の細い原種には注意してください。

          逆に、雨に当てすぎたり、水やりをしすぎると、過湿状態になり、
          根腐れが起こるので、程々に与えるのがポイントです。


          ■8月に行う作業

          ・寒冷紗など日除け対策
          暑さによって、株が非常に蒸れやすい時期です。
          蒸れた状態が続くと、根が腐ってしまうこともありますので、
          寒冷紗などの、日除け対策は必須です。



          風通しが良ければ、けっこう夏越ししてくれます


          ■鉢植えの管理


          ・置き場
          基本的には、風通しの良い、涼しい環境にて育ててください。
          また、クリスマスローズの鉢植えの置き場は、その種類に準ずるので、
          それぞれの原種によって、置き場所が異なります。

          ・水やり
          鉢土の表面が乾いたら、鉢底に流れ出る程度の水を与えます。
          例年、8月は暑い日(猛暑日や、真夏日)が続きますが、
          置き場所や、寒冷紗などの日除け対策を行えば、雨も多少降るので、
          水やりは平均、週3回程度でも大丈夫です。

          ・肥料
          7月同様、8月も肥料は与えずに育てます。
          ただ、活力剤は与えるほうが株の勢いを、保つことができます。
          2週間に1度ほど、水やりの代わりとして与えてみてください。




          いまの時期に大切に世話をすると、また愛らしい開花がみられます



          ■庭植えの管理

          ・水やり
          雨の当たらない場所にて育てているクリスマスローズは、
          多少水やりする必要もありますが、8月はある程度雨も降るため、
          雨の当たる場所にて育てているのであれば、特に必要ありません。

          ・肥料
          与えないで良いです。


          ■病害虫の防除について

          8月に多いのは、灰色かび病、べと病、うどんこ病、そして、
          黒斑細菌病、軟腐病などの病気です。暑い時期のほうが、
          病気、害虫ともに被害が多くなるので、注意してください。

          害虫は、ヨトウムシ、ナメクジ、バッタ、アオムシなどが発生します。
          浸透移行性殺虫剤が必要であれば、散布しても構いません。

          >>人気の花苗ランキング

           

           

           

          JUGEMテーマ:花のある暮らし

           

           


          7月 クリスマスローズ 原種 栽培

          0


            クリスマスローズには、苦手な7月です


            7月、日本の季節は「夏」。
            近年は特に、猛暑日、真夏日も多く、熱中症対策は必須です。

            そんな日本の夏は、植物にとってもまた、非常に過酷です。
            クリスマスローズは、特に水やり不足や灰色かび病に注意します。
            また、同時に梅雨や夕立による過湿にも注意しましょう。


            ■7月 クリスマスローズ 原種 栽培

            ・7月の有茎種、無茎種
            どちらも、「半休眠期」に入りますので、
            発芽苗でさえも、生育はみられません。

            有茎種の場合も、無茎種の場合も、
            葉はそのままの状態になります。

            ヘレボルス・ニゲルは枯れ始めた部分から切り取っておくこと、
            ヘレボルス・チベタヌスは、落葉を抑えるため、
            特に涼しい場所で管理するよう気をつけて育ててください。

            ・7月の育て方のポイント
            6月から続く梅雨の影響から過湿になり、根が傷みやすくなります。
            そのため、6月〜7月にかけての雨の多い時期は、過湿に注意します。

            逆に、梅雨でも晴れている時は、気温が高くなるので、
            水切れにも注意しなくてはいけませんね。

            この時期のクリスマスローズを上手に管理するには、
            天気予報の力も借りるべきだと言えるでしょう。
            さらに、夕立、台風による過湿からの根腐れにも気をつけます。



            花を待ち焦がれて栽培しましょう


            ■7月に行う作業

            ・寒冷紗
            この時期は、株の日焼けや蒸れが心配される時期です。
            日光の強い場所では、株を寒冷紗で覆い、
            しっかりと日除け対策を行います。

            また、寒冷紗を使用する時は、寒冷紗と株との間に、
            きちんと空間ができるようにして使用します。


            ■鉢植えの管理

            ・置き場
            有茎種と無茎種とは、管理方法が異なりますが、
            さらに、その中の種類でも、それぞれ耐暑性が違うため、
            原種の種類に応じた置き場で管理することが必要になります。

            基本的には、「明るい日陰から、半日陰」、
            または「半日陰〜午前中のみ日の当たるところ」
            のどちらかで栽培を行います。

            コケが生えたら注意します。
            クリスマスローズの鉢植えにコケが生えるのは、
            水はけが悪く、土の中が過湿状態だと言えます。

            そのままにしておくと、根腐れしてしまう場合がありますので、
            雨が直接当たらない位置に置き換えるなどの工夫をします。

            ・水やり
            夏の水やりは、早朝または夕方以降に行うのが良いです。
            一番良いのは、早朝です。

            気温の高い日中に水やりを行うと、
            あげた水の温度が上昇し、株を傷めてしまいます。

            水やりの頻度は、週に3回程度が一般的です。
            ただし、7月の暑い日々は、日中に光合成が盛んに行われるため、
            葉からの蒸散も多く、水切れを起こしやすくなっています。

            用土の表面が白く乾いてきたら、
            鉢底から流れ出るくらいの水を与えてください。

            ・肥料
            肥料は与えませんが、水やりの代わりに、
            活力剤を使用するのが、お勧めです。
            15日に1回程度、株の勢いを止めないよう与えてみてください。



            横顔も素敵なクリスマスローズ


            ■庭植えの管理

            ・水やり
            梅雨明けまでは、水やりは不要です。

            梅雨明け後からは、様子を見ながら水やりをしていきます。
            また、水やりをする時は、株の周りにも打ち水として水を撒くと、
            気温が下がり、夏越ししやすくなります。

            雨の当たらない場所で管理しているクリスマスローズは、
            鉢植え同様、土の表面の乾き具合をみて水やりを行ってください。


            ■病害虫の防除について

            病気について言えば、6月と同じく、軟腐病や、うどんこ病、
            べと病、黒斑細菌病(ブラックスポット)、
            灰色かび病などの病気が発生しやすいです。

            害虫については、ヨトウムシ、ナメクジ、アオムシ、
            バッタなどの防除に努めてください。

            >>7月のクリスマスローズ園芸種の育て方はこちらです

            >>クリスマスローズ 原種系の苗を見てみる
            >>クリスマスローズ 開花株を見てみる

             

             

            JUGEMテーマ:花のある暮らし

             

             

             

             

             


            クリスマスローズ


            Christmas rose

            クリスマスローズの良苗♪

            selected entries

            categories

            links

            お勧めです!





            シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品b.glen

            profile

            search this site.

            others

            応援してね!

            にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
            にほんブログ村
            人気ブログランキングへ
            ブログランキング
            ランキングはこちらをクリック!
            FC2 Blog Ranking
            @With 人気Webランキング
            PVランキング
            ブログランキング
            ブログランキングNo.1
            livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
            seo great banner

            • キーワード調査ツール

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM