クリスマスローズ 開花株を各種見てみる

3月 クリスマスローズ 原種 栽培

0


     
    開花が嬉しい季節です


    3月は、クリスマスローズの開花期です。
    3月中は、ほとんどの原種の開花が揃いますので、
    庭の彩りが徐々に美しくなっていきます。

    また、この時期は少し気温の上がる時期ですので、
    植え付けや、植え替え、株分け、ポット上げなどの、
    作業も、行いやすくなります。

    ・3月の有茎種
    気温、降雨量の増える3月は、どの有茎種も開花の最盛期です。

    ・3月の無茎種
    有茎種同様、無茎種も花盛りを迎えます。
    無茎種は、開花しつつ新葉が展開されるものもあります。

    生長の速度は、個体差、原種の差が大きいですが、
    徐々に変化が目に見えるようになります。

    ・3月の育て方のポイント
    前年にまいた種は、3月頃より徐々に発芽します。
    1月頃より発芽したものは、3月頃に本葉を見せるものも出てきます。

    植え付け、植え替え、株分け、ポット上げなど、
    作業の多い季節ですので計画的に栽培しましょう。




    3月の世話で今後も元気に育ってくれます


    ■3月に行う作業

    ・植え付け、植え替え、株分け
    2月の植え付け・植え替え・株分けの方法と同じです。
    新しく手に入れた開花(見込み)株、根詰まりしている株、
    どちらも、株の負担を減らし生長しやすいように行っていきます。

    特に植え替えは、この3月中に行うのがベストです。
    4月〜9月の気温の高い時期に植え替えを行うと、
    根が活着する前に、暑さでやられてしまうこともあります。

    また、植え替えを行う時は、芽を傷つけないよう、
    細心の注意を払ってください。

    3月は少し暖かくなりますので、植え付け、植え替え、
    株分けの作業のあとも、そのまま位置を移動せずに管理できます。

    ・ポット上げ
    3月は、ポット上げの最適期となります。
    原種と、原種系の交配種の発芽したての苗は、
    交配種と比べて非常に弱い性質がありますので、
    気温の上がり過ぎない3月に必ず済ませます。

    4月に入ったら、ポット上げの作業は一旦諦めて、
    気温の下がる10月以降に行うのが良いでしょう。

    最後に、ポット上げの方法ですが、双葉の状態でも行えます。
    たくさんの種をまいた場合など、本葉がまだ出にくいため、
    双葉の状態でも、同じように作業を進めて問題ありません。

    この時使用する用土は、大株と同じもので構いませんが、
    粒は小さめのものを使用するのが理想的です。
    粒の小さい用土を使用することで、
    肥料分が吸収しやすく、保水性を高める効果があります。

    植え付け時は根を痛めやすいので、ポット上げを行った後は、
    直射日光の当たらない場所にて管理すると良いでしょう。




    初めての花芽♪


    ■鉢植えの管理

    ・置き場所
    気温の高くなる3月は、株の中が蒸れやすくなっているので、
    日当たりよりも、風通しの良い場所に置くよう心がけてください。

    ・水やり
    水やりは、週に1回〜2回ほど、土の表面が乾いた頃に、
    鉢皿に流れるほどの水をあげるようにします。
    使用する鉢によっても変わってきますが、
    素焼き鉢を使用する場合は、
    水が乾きやすいので注意しましょう。

    ・肥料
    3月下旬頃に、追肥を行います。カリ分、リン酸分の多い、
    緩効性化成肥料や、油粕などを施します。

    液体肥料も、2週間に1度与え、春に備えてください。
    ポット上げした苗には肥料ではなく、活力剤を使用するのが適しています。


    ■庭植えの管理

    降雨量も徐々に増えるため、基本的には、水やりは不要です。
    肥料に関しては、リン酸分、カリ分の多い緩効性化成肥料や、
    発酵油粕を施します。


    ■病害虫の防除について

    3月は、気温とともに、降雨量も増えるので、湿度も高くなりやすく、
    灰色かび病や、立ち枯れ病が発生しやすくなります。
    過湿になりすぎないよう、風通しを良くすることが、最大のコツです。

    万が一、病気にかかった新葉を見つけた時は、
    早く取り除き殺菌剤を使用して乾燥気味に栽培します。

    また、新葉の展開しはじめるこの季節は、ウィルス病も増えます。
    ブラック・デスや、モザイク病などが、このウィルス病にあたります。

    害虫は、これらのウィルスを媒介するアブラムシが増えます。
    2月の中旬頃に浸透移行性の殺虫剤を使用するのがベストですが、
    それでもアブラムシの被害にあうようであれば、
    即効性の液体殺虫剤を使用するのもよいでしょう。

    >>3月のクリスマスローズ園芸種の育て方はこちらです

    >>クリスマスローズ 原種系の苗を見てみる
    >>クリスマスローズ 開花株を見てみる
     

    JUGEMテーマ:花のある暮らし

    2月 クリスマスローズ 原種 栽培

    0

       
      開花し多くの蕾を持つのが嬉しいです


      2月は、まだまだ寒い時期となりますが、
      風向きも南風に変わって、平均温度が少し上昇します。

      この温度が、6度以上になってくると、
      多くのクリスマスローズの原種に開花が見られるようになり、
      栽培していると、とってもわくわくする季節です♪

      ・2月の有茎種
      有茎種は、交配した親株よりも、開花が遅いのが特徴であるため、
      まだ、開花が見られないものもあります。

      その場合は、咲き始めが、3月以降になります。

      ・2月の無茎種
      ほとんどの種類に開花が見られます。

      ・2月の育て方のポイント
      寒さによって、花柄が倒れることがありますが、
      日中になると、自然に立ち上がるので心配はありません。
      1月〜2月は、前年にまいた種が発芽する頃でもあります。



      寒さで紅葉しています


      ■2月に行う作業

      ・植え付け
      庭植えにする場合は、購入したばかりの、開花見込み株、
      開花株、前年の秋に植え替えや、株分けを行っていないものに限ります。

      植えつけた後は、子房が膨らむ前に花をカットします。
      これは、株への負担を下げるために行います。

      その後、根鉢を崩したら、レンガや石などを積んで嵩上げした、
      レイズベッドなどに植えつけます。この時、深植えにしてしまうと、
      春先の病気が発生しやすくなりますので、注意しましょう。

      また、この時は元肥として、
      緩効性化成肥料(リン酸、カリ分多め)を与えます。

      植え付け場所は、日当たりの良い場所です。
      また、夏になった時、強い日差しの当たらない場所が好ましいと言えます。

      原種によって適した場所は異なりますので、
      原種ごとに性格を知って、場所を考えてみるようにしましょう。

      例えば、ヘレボルス・リヴィダス、ヘレボルス・フェチダスなどの有茎種は、
      雨の当たらない軒下などの場所が向いています。

      ・植え替えと株分け
      一般的に、開花期であるこの頃は、適期とは言えません。
      植え替え、株分けができるものは、植え付けできる株と同じです。

      植え替え、株分けの作業の後は、根の力が弱まりますので、
      作業を行う1週間ほど前に、活力剤を使用して、活着を促すと良いでしょう。

      また、作業の時は充分に根鉢を崩してから行います。
      ただし、ヘレボルス・フェチダスは例外です。
      根鉢をあまり崩さずに、作業を行ってください。

      株分けは、目の数が6芽以上あるものについて、行います。
      1つに3芽以上付くように分けますが、
      こちらも、ヘレボルス・フェチダスは例外です。
      株分けは行わないでください。

      ・株元の整理
      1月に古葉を除去したものについては、葉柄の残りがあります。
      時間が経てば、それは枯れていくので、
      枯れた段階で除去して株元を綺麗にします。
      これは、病害虫の予防にもなります。

      根は意外と弱く、力任せに抜くと、根までが抜けてしまいますので、
      気を付けて扱ってくださいね。



      そっと、ささやき合っているような雰囲気です


      ■鉢植えの管理

      ・置き場所
      開花株は日当たりの良い場所にて管理します。
      たくさんの開花が見られますが、多くの原種は、花が小ぶりなので、
      靴箱の上、出窓など、少し高い位置で鑑賞するとより綺麗に見えます。

      また、新たに入手したものは、徐々に寒さにならしてから、
      屋外で管理するようにします。

      ・水やり
      1月同様、用土が乾いた時に、たくさん水を与えますが、
      先述の通り、早朝は花柄が倒れていることもあります。

      でも、それは日中には元通りに立ち上がるものですので、
      慌てて水を上げる必要性はありません。

      水やりの目安は大体、週に1回程度です。特に寒い早朝は避け、
      午前中までに与えるのが望ましいです。

      ・肥料
      花付きの良いものは、リン酸分、カリ分の多い液体肥料が適しています。
      前年にまいた発芽した苗も、同様に液体肥料を2週間に1回、
      水やりの代わりとして与えます。



      とても繊細な色が魅力的です


      ■庭植えの管理

      雨が完全に当たらない場所を除き、水やりは不要です。
      肥料についても、この時期は与えません。


      ■病害虫の防除について

      2月は、1月と比べて、少し気温が上がり、降雨量が増えます。
      そのため、1月にはなかった灰色かび病などもまれに起こります。

      また、気温が上昇し始める2月下旬ころには、
      アブラムシも見られるようになります。

      アブラムシは、ブラックデスなどのウィルスを媒介する可能性があるので、
      浸透移行性の殺虫剤を中旬ころに使っておくと安心です。

      >>2月のクリスマスローズ園芸種の育て方はこちらです

      >>クリスマスローズ 原種系の苗を見てみる
      >>クリスマスローズ 開花株を見てみる
       

      JUGEMテーマ:花のある暮らし

       

       

       


      クリスマスローズ


      Christmas rose

      クリスマスローズの良苗♪

      selected entries

      categories

      links

      お勧めです!





      シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品b.glen

      profile

      search this site.

      others

      応援してね!

      にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
      にほんブログ村
      人気ブログランキングへ
      ブログランキング
      ランキングはこちらをクリック!
      FC2 Blog Ranking
      @With 人気Webランキング
      PVランキング
      ブログランキング
      ブログランキングNo.1
      livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
      seo great banner

      • キーワード調査ツール

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM