クリスマスローズ 開花株を各種見てみる

10月 クリスマスローズ 原種 栽培

0


    掌に乗る株サイズで開花するニゲル!クリスマスローズ(原種系):
    ニゲル(ノイガー)F1マリア3...



    一気に「秋」になる10月、クリスマスローズは、
    涼しくなる気候とともに、徐々に生育期まで進みつつあります。

    涼しく、降雨量も9月と比べて落ち着くので、
    とても管理がしやすい季節になります。

    これからの時期、生育の勢いを止めないように、
    また、開花が見れるよう、しっかりと栽培して行きましょう。


    ■10月 クリスマスローズ 原種 栽培

    ・10月の有茎種
    10月になると、早くも有茎種は新葉が展開しはじめます。
    ヘレボルス・アーグチフォリウスや、ヘレボルス・ニゲル、
    ヘレボルス・フェチダスなどの原種は、蕾が見れるものもあります。

    ・10月の無茎種
    9月下旬頃から動き始めた新芽が株元に現れ、古い葉に傷みが見られます。
    基本的に、無茎種は開花中の春の一回のみ新葉を展開するので、
    有茎種のように、この時期に葉が展開することはありません。

    ただし、ヘレボルス・ボッコネイや、
    交配種のヘレボルス・ヒブリダスは例外です。

    ・10月の育て方のポイント
    植え付け、植え替え、株分けの適期です。
    また、春に発芽した小苗は、
    この時期に鉢増し、ポット上げを行い、日なたで管理します。

    徐々に作業量の多くなる季節になりますが、
    新しく出た葉を傷めることのないよう注意して作業します。


    ■10月に行う作業

    ・植え付け
    クリスマスローズの植え付けは、この10月が最適期です。
    北海道や、東北地方などの寒冷地は、春が適期となります。

    園芸店などでも、”開花見込み株”が多く販売されるようになるので、
    開花見込み株や、開花サイズの大株を手に入れ、植え付けてみてください。

    なお、小苗はこの時期に庭植えしても、充分に育たないため、
    鉢植えで数年管理してから、庭植えに植え替えると良いです。

    ・植え付けの方法
    植え付けは、根鉢を良く崩して、古い用土を落とした状態で行います。

    また、ポイントは深植えしすぎないようにすることです。
    深く植えてしまうと、気温が上がってから糸状菌による、
    病気になりやすくなってしまいます。

    元肥には、リン酸分・カリ分の多い、緩効性化成肥料を施します。
    無茎種の場合は特に、新芽を傷めないよう、注意して行ってください。

    ・植え替え
    植え付け同様、植え替えも、10月が最適期を迎えます。
    こちらも、北海道や、東北地方などの寒冷地は、春が適期です。

    鉢植えの場合、1年〜2年に植え替え作業を行うのが基本です。
    これは、用土の劣化や、根詰まりを防ぐ目的で行います。

    特に入手したてのポット苗は根詰まりしていることも多いので、
    慎重かつ丁寧に根鉢を崩して植え替えるようにしてください。

    ただし、ヘレボルス・リヴィダスや、ヘレボルス・フェチダスなどの有茎種は、
    元々、根や茎が弱いため、あまり崩すとかえって傷めてしまいます。

    ・植え替えの方法
    大きな鉢にしすぎると、過湿状態になってしまうため、
    一回りから、二回り程度の鉢に植え替えるようにします。

    植え付けの時同様に、
    深植えにならないように気を付けて植え替えます。

    使用する用度は、赤玉土中粒3、日向土小粒3、馬糞堆肥2、
    ゼオライト細粒1、燻炭1などの配合土がおすすめです。
    元肥には、リン酸分・カリ分の多い緩行性化成肥料を与えます。

    ・株分け
    植え付け、植え替え同様、10月は株分けも適期を迎えます。
    ただし、株分けを行うのは、芽数が6芽以上ある株です。

    1株あたり3芽以上をつけながら、ドライバーなどで、分けていきます。

    1芽ずつに分ける方法もありますが、株の勢いがなくなってしまうため、
    開花が遅れたり、夏越しに失敗するなどのデメリットが出てきます。

    そのため、3芽以上は1株につけて分けることを、おすすめします。

    また、株分けを行う場合は、芽の扱いに十分注意してください。
    また、ヘレボルス・フェチダスは、根・茎ともに非常に脆いので、
    株分けには適していません。

    ・ポット上げ
    基本的にポット上げの適期は、3月になりますが、
    この時期に行わなかった場合は、10月にも、行うことができます。

    使用する用土は、出来るだけ粒の小さいものが良いです。

    粒の小さいものを使用することによって、根が、栄養分や、
    水分を吸収しやすくなる他、保水性を高めるなどの効果が得られます。

    元肥には、リン酸分・カリ分の多い緩効性化成肥料を施します。

    ポット上げは、発芽苗を1つずつ、
    3号のロングポットに植え付けて行きます。

    なるべく根を傷めないように作業したいところですので、
    ポット上げから2週間は、ダメージを受けているため、
    直射日光の当たらない、風通しの良いところで管理してください。



    もう少しで、愛らしいクリスマスローズに会えますね


    ■鉢植えの管理

    ・置き場
    風通しの良い、日なたで管理します。

    ・水やり
    新芽が動き出す10月は、水分も多く必要になりだす時期です。
    週に2回程度、表面が乾いたら、たっぷりと水を与えてください。

    ・肥料
    9月下旬頃に固形肥料を与えている場合は、水やりの代わりとして、
    15日に1回、リン酸分・カリ分の多い液体肥料を施します。


    ■庭植えの管理

    ・水やり
    雨の当たる場所にて管理している場合、水やりは特に不要です。

    ・肥料
    与えません。


    ■病害虫の防除について

    10月は涼しい気候となりますが、まだまだ病気は発生しやすいです。
    べと病、灰色かび病、軟腐病、黒斑細菌病(ブラックスポット)などには、
    引き続き、注意してください。

    また、新葉が展開しはじめるため、ブラックデスにも要注意です。

    害虫対策として、浸透移行性殺虫剤を散布すると良いでしょう。
    アオムシ、アブラムシの被害を抑えることができます。

    また、同じ浸透移行性殺虫剤を使用していると耐性ができるため、
    違う薬剤を用いると、効果が持続しやすいので、おすすめです。

    >>クリスマスローズ原種苗を見てみる
     


    クリスマスローズ
    コメント
    コメントする








       



    Christmas rose

    クリスマスローズの良苗♪

    selected entries

    categories

    links

    お勧めです!





    シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品b.glen

    profile

    search this site.

    others

    応援してね!

    にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキングへ
    ブログランキング
    ランキングはこちらをクリック!
    FC2 Blog Ranking
    @With 人気Webランキング
    PVランキング
    ブログランキング
    ブログランキングNo.1
    livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
    seo great banner

    • キーワード調査ツール

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM