クリスマスローズ 開花株を各種見てみる

有茎種 無茎種 とは?

0

    暑さに強い!クリスマスローズ(原種系):*アーグチフォリウスHGCスノーフィーバー4.5号ポット...


    冬に花を咲かせるクリスマスローズは、
    冬の庭の彩りには欠かせない主役級の草花です。

    クリスマスローズには、原種、そして交雑種とがあり、
    さまざまなフォルムの草姿、花を楽しめることでも人気が高いです。

    園芸的に言うと、大きく『有茎種』と『無茎種』、
    この2つに分けられ、同じクリスマスローズでも栽培方法は全く異なります。


    この『有茎種』、『無茎種』について詳しく紹介していきます。
    有茎種(ゆうけいしゅ)、無茎種(むけいしゅ)と読みます。


    ■有茎種とは?

    有茎種は、ステムと呼ばれる”茎”が立ち上がり、葉が展開され、
    その頭となる部分に花の咲く種類のことです。
    根茎は未発達で細く短いものが生えます。

    一般的に常緑性のものが多く、夏も葉を楽しむことができますが、
    同じ有茎種でも下に垂れ下がるものなど、さまざまなものがあります。

    また、ヘレボルス・ニゲル、ヘレボルス・ヴェシカリウスは、
    ”有茎種”に属されることが多いようです。

    この2つのクリスマスローズは、
    これから説明する無茎種に近い特徴がありますが、
    遺伝的には、有茎種とされます。

    場合によっては、有茎種、無茎種の”中間種”として、
    紹介されることもあるようです。



    ヘレボルス・ニゲル


    ■無茎種とは?

    無茎種は、有茎種とは違い、
    葉柄と花柄がそれぞれ、根茎から別に生じます。

    根茎はとても丈夫で1本1本も太いです。
    花は花柄の先端につきます。

    無茎種の場合、常緑性と、落葉性のものがあります。
    日本では涼しい地域を除き、春秋の2回、新葉が展開します。

    現在流通しているクリスマスローズの中で、
    品種改良が最も進んでいるのが、
    ガーデンハイブリットと呼ばれる系統です。

    そのガーデンハイブリットは、基本的に無茎種とされています。 


    ■有茎種、無茎種の育て方の大きな違い

    クリスマスローズを育てるにあたって、必要な作業の1つとして、
    ”古葉切り”とよばれる作業があります。

    11月下旬〜12月頭に、
    春に出た古い葉を切り取るのです。

    無茎種の原種や交雑種は、この古葉切りの作業を行いますが、
    有茎種である、ヘレボルス・リビダス、ヘレボルス・フェチダス、
    ヘレボルス・アーグチフォリウス、その他交雑種、

    さきほども紹介したニゲルなどは、古葉切りが不要で、
    枯れた葉、茶色く変色した葉のみ、整理が必要です。

    なお、有茎種は花の咲き終わったあと、新芽が伸びてから、
    古い茎をそのまま切り取る作業が必要です。


    >>クリスマスローズの開花株を各種見てみる

    JUGEMテーマ:花のある暮らし



    クリスマスローズ
    関連する記事
    コメント
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2016/04/20 7:00 PM
    コメントする








       



    Christmas rose

    クリスマスローズの良苗♪

    selected entries

    categories

    links

    お勧めです!





    シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品b.glen

    profile

    search this site.

    others

    応援してね!

    にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキングへ
    ブログランキング
    ランキングはこちらをクリック!
    FC2 Blog Ranking
    @With 人気Webランキング
    PVランキング
    ブログランキング
    ブログランキングNo.1
    livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
    seo great banner

    • キーワード調査ツール

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM