クリスマスローズ 開花株を各種見てみる

8月 クリスマスローズ 原種 栽培

0

     


     
    この時期はとても苦手なクリスマスローズ


    8月は、1年で最も暑い月ですね。
    クリスマスローズと名の付く冬の花には、
    少々辛い季節になります。

    特に、お盆前までは猛暑日も連日続くので、
    猛暑対策はしっかりと行い、株が弱らないように注意しましょう。

    夏越しのポイントは、水やりと日除けです。
    8月のクリスマスローズの管理方法について、
    詳しく紹介していきたいと思います。


    ■8月 クリスマスローズ 原種 栽培

    ・8月の有茎種、無茎種
    有茎種、無茎種ともに、半休眠状態に入っています。

    ・8月の育て方のポイント
    この時期に水切れさせると、葉焼けして、葉が変色し、枯れてしまうため、
    水の管理に特に力を入れます。
    特に、葉、一枚一枚の細い原種には注意してください。

    逆に、雨に当てすぎたり、水やりをしすぎると、過湿状態になり、
    根腐れが起こるので、程々に与えるのがポイントです。


    ■8月に行う作業

    ・寒冷紗など日除け対策
    暑さによって、株が非常に蒸れやすい時期です。
    蒸れた状態が続くと、根が腐ってしまうこともありますので、
    寒冷紗などの、日除け対策は必須です。



    風通しが良ければ、けっこう夏越ししてくれます


    ■鉢植えの管理


    ・置き場
    基本的には、風通しの良い、涼しい環境にて育ててください。
    また、クリスマスローズの鉢植えの置き場は、その種類に準ずるので、
    それぞれの原種によって、置き場所が異なります。

    ・水やり
    鉢土の表面が乾いたら、鉢底に流れ出る程度の水を与えます。
    例年、8月は暑い日(猛暑日や、真夏日)が続きますが、
    置き場所や、寒冷紗などの日除け対策を行えば、雨も多少降るので、
    水やりは平均、週3回程度でも大丈夫です。

    ・肥料
    7月同様、8月も肥料は与えずに育てます。
    ただ、活力剤は与えるほうが株の勢いを、保つことができます。
    2週間に1度ほど、水やりの代わりとして与えてみてください。




    いまの時期に大切に世話をすると、また愛らしい開花がみられます



    ■庭植えの管理

    ・水やり
    雨の当たらない場所にて育てているクリスマスローズは、
    多少水やりする必要もありますが、8月はある程度雨も降るため、
    雨の当たる場所にて育てているのであれば、特に必要ありません。

    ・肥料
    与えないで良いです。


    ■病害虫の防除について

    8月に多いのは、灰色かび病、べと病、うどんこ病、そして、
    黒斑細菌病、軟腐病などの病気です。暑い時期のほうが、
    病気、害虫ともに被害が多くなるので、注意してください。

    害虫は、ヨトウムシ、ナメクジ、バッタ、アオムシなどが発生します。
    浸透移行性殺虫剤が必要であれば、散布しても構いません。

    >>人気の花苗ランキング

     

     

     

    JUGEMテーマ:花のある暮らし

     

     


    クリスマスローズ
    コメント
    コメントする








       



    Christmas rose

    クリスマスローズの良苗♪

    selected entries

    categories

    links

    お勧めです!





    シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品b.glen

    profile

    search this site.

    others

    応援してね!

    にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキングへ
    ブログランキング
    ランキングはこちらをクリック!
    FC2 Blog Ranking
    @With 人気Webランキング
    PVランキング
    ブログランキング
    ブログランキングNo.1
    livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
    seo great banner

    • キーワード調査ツール

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM