クリスマスローズ 開花株を各種見てみる

クリスマスローズ 夏枯れ

0

    >>人気の各種クリスマスローズ苗


     
    また元気に開花して欲しいですね


    ■クリスマスローズ 夏枯れ

    1. 水と肥料の与え過ぎ
    クリスマスローズは、夏に休眠に入ります。
    そのため、夏の間に水や肥料を必要以上に与えてしまうと、
    根腐れや肥料焼けを起こしたりして、枯れてしまうことがあります。

    気温の上がってくる6月頃から、
    だんだんと涼しくなってくる10月頃までは、
    半日陰か明るい日陰で管理するようにします。

    地植えにしていて移動ができない場合は、
    簾や遮光ネットをかけたりして、日陰を作るようにします。

    鉢植えの場合、水を与えるのは土の表面が乾いてからにします。
    土の表面が湿っている状態で水を与えてしまうと、
    湿気た状態が続き、根腐れの原因になることがあります。

    水を与える時は、鉢底から水が出てくるまでたっぷりと与えます。
    地植えの場合は、雨だけで過ごせることが多いです。

    何日も雨が降らず、地面がひび割れるほど乾燥しているようなら、
    深くまで染みるようにたっぷりと水を与えます。

    夏の間は肥料を与える必要がありません。
    休眠期に入ると、株が生育しませんので、栄養と必要としません。

    4月に緩効性の肥料を与えた後は、
    10月頃になって再び株が動きだすまで、肥料を与ないようにします。





    2. 日差しや暑さのため

    クリスマスローズは、夏の間休眠していますので、
    土の表面が乾いてから水を与えるのが鉄則です。

    根腐れの状態ではなく、枯れてしまったのであれば、
    強い陽射しや暑さのせいで弱り、枯れてしまったことが考えられます。

    夏の間の強い陽射し、特に西日はクリスマスローズにとっては強すぎます。
    どうしても西日の当たる場所から動かせない場合は、
    遮光ネットや簾で西日を遮る工夫をしましょう。

    水を与える時間帯にも注意が必要です。
    朝の早い時間か、夕方に水を与えるようにします。

    夏は日中に気温が上がります。
    そんな中、水を与えると蒸れてしまい、枯れる原因になります。

    株の周りに打ち水をするのも有効です。
    ただし、気温が下がりやすい夕方に行うようにします。

    また、葉水を与えるのも、株の周りの気温を下げる効果があります。
    葉水も夕方に与えるようにしましょう。


    3段(高さ20cm)の花壇ができるらくらくれんがのセットです
    ※植物・鉢・透水シートは含みません北...


    JUGEMテーマ:花のある暮らし


    クリスマスローズ
    コメント
    コメントする








       



    Christmas rose

    クリスマスローズの良苗♪

    selected entries

    categories

    links

    お勧めです!





    シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品b.glen

    profile

    search this site.

    others

    応援してね!

    にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキングへ
    ブログランキング
    ランキングはこちらをクリック!
    FC2 Blog Ranking
    @With 人気Webランキング
    PVランキング
    ブログランキング
    ブログランキングNo.1
    livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
    seo great banner

    • キーワード調査ツール

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM