クリスマスローズ 開花株を各種見てみる

6月 クリスマスローズ 原種 栽培

0

     
    次のシーズンも立派な花が見られますように


    6月は、原種・原種系交配種にとって過酷な季節です。
    まずは、日差しの問題です。

    少し、日差しの強くなるこの季節は、
    鉢植えの置き場所を考える必要、
    庭植えは日除けを設置すること考える必要があります。

    そして、6月は、梅雨を迎えます。
    過湿にならないように、気を付けて栽培します。


    ■6月 クリスマスローズ 原種 栽培

    ・6月の有茎種
    新しいステムに、新葉がつき、古いものから順に枯れます。
    ヘレボルス・ヴェシカリウスは、
    休眠期に向けて、徐々に下から枯れていきます。

    ・6月の無茎種
    無茎種は、ほとんど生長が止まりますが、新葉が見られます。
    ヘレボルス・オドルスや、ニゲルは、蕾が見られることもあります。

    ・6月の育て方のポイント
    クリスマスローズは、暑さに弱く、
    この時期は、半休眠状態になりますが、
    葉はしっかりと光合成を行い栄養分を蓄えます。

    しかし、6月は日差しが強すぎて葉焼けを起こすこともあります。
    葉を傷めないように栽培するのが、6月のテーマです。

    特に、細い葉を持つものや、班の入った葉のもの、
    繊毛の生えている株などは、夏の暑さに弱いクリスマスローズです。

    例えば、ヘレボルス・ムルチフィダス・ヘルツェゴヴィヌスや、
    ヘレボルス・ボッコネイなどは、
    水切れしやすいので、注意して管理しましょう。

    また、6月は風通し良く育てることも大切です。



    葉の様子にも注意します



    ■6月に行う作業

    ・寒冷紗
    強い日差しが当たり、鉢の中が高温になると、
    株は蒸れてしまい、根腐れを起こします。

    そのため、寒冷紗などの日除け対策を行い、
    株が熱くなり蒸れるのを防ぎます。

    また、前もって寒冷紗をかける隙間を作っておくことが大切です。
    そうしないと、風通しが悪くなり、かえって株を蒸らしてしまいます。

    ・二重鉢
    夏の暑さ対策として、「二重鉢」にする方法があります。

    今、クリスマスローズを育てている鉢よりも、
    1〜2まわり大きめの鉢に、鉢ごと入れる方法です。

    こうすると、鉢の中の温度上昇を防げるので、
    高温多湿になりにくいのです。

    外側に使用する鉢を白いものにしたり、
    鉢と鉢との隙間に資材を入れると、
    より、その効果も高まります。

    ・用土
    株元に根が見えてきた時は、用土を追加しましょう。

    ・種の採取、採りまき
    種の採取や、採りまきは、梅雨前に行いたい作業ですので、
    なるべく、6月でも早い時期に行うようにします。

    方法は、5月の「種の採取」「種まき」を参照してください。

    ・花茎切り、花がら切り、株元の整理
    こちらも同様に、梅雨前に行いたい作業です。
    こちらも、4月、5月と方法は同じとなりますので、
    下記をご覧ください。
    >>5月 クリスマスローズ 原種 栽培


    ■鉢植えの管理

    ・置き場
    明るい日陰〜半日陰の場所、
    または、半日陰〜午前中くらいまで日の当たる場所で管理します。

    これは、クリスマスローズの種類によって変わります。

    鉢と鉢との間隔は、葉が触れ合わない程度の距離は確保し、
    風通しが妨げられることのないよう、配慮します。

    また、鉢台や、すのこ台などの上で鉢植えを栽培するほうが、
    底の風通しが良くなり、健康な状態を保てます。

    特に、ヘレボルス・リヴィダスやヘレボルス・フェチダス、
    ヘレボルス・ヴェシカリウスなどは、蒸れに弱いので、
    軒下などの場所で管理すると良いでしょう。
     

    スノコの上に鉢を置くと蒸れにくく快適です

    ・水やり
    6月は、梅雨の季節です。

    また、日差しも強くなり、気温も上がりますが、
    梅雨で降雨量が増えますので、水やりの回数は、
    先月通り、週に2〜3回くらいで大丈夫です。

    ただし、気温の上昇で水やりした水が暖められますので、
    なるべく、早朝または夕方以降に行うようにします。

    また、「透水剤」を使用するのも、1つの方法です。
    水分の浸透を良くするだけではなく、降雨量が増えた時などの、
    余分な水分を排出する効果があり、たいへん便利です。

    ・肥料
    6月は肥料は不要です。

    しかし、活力剤は使用するほうが、
    クリスマスローズの株の勢いを維持できます。



    梅雨と夏を乗り切れば


    ■庭植えの管理

    ・水やり
    雨の当たらない場所に育てている場合は、水やりが必要ですが、
    基本的に、雨の当たる場所であれば、水やりは不要です。

    ・肥料
    とくに与えません。


    ■病害虫の防除について

    気温が上昇するこの季節は、べと病、灰色かび病、うどんこ病、
    軟腐病、ブラックスポット(黒斑細菌病)が発生しやすくなります。

    逆に、気温上昇に弱い、モザイク病、ブラックデスなどの、
    ウィルス病は発生しにくくなります。

    害虫は、浸透移行性殺虫剤の効果を確認しつつ、
    防除していきます。

    コナガ、ヨトウムシなど咀嚼性の害虫は、
    見つけ次第捕殺するように心がけましょう。

    >>6月のクリスマスローズ園芸種の育て方はこちらです

    >>クリスマスローズ 原種系の苗を見てみる
    >>クリスマスローズ 開花株を見てみる
     

    JUGEMテーマ:花のある暮らし

     


    クリスマスローズ
    コメント
    コメントする








       



    Christmas rose

    クリスマスローズの良苗♪

    selected entries

    categories

    links

    お勧めです!





    シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品b.glen

    profile

    search this site.

    others

    応援してね!

    にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキングへ
    ブログランキング
    ランキングはこちらをクリック!
    FC2 Blog Ranking
    @With 人気Webランキング
    PVランキング
    ブログランキング
    ブログランキングNo.1
    livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
    seo great banner

    • キーワード調査ツール

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM