クリスマスローズ 開花株を各種見てみる

クリスマスローズ 株分け|秋が適期です

0
    いよいよクリスマスローズの季節です


    クリスマスローズが開花してから、
    3〜4年ほど経って元気がないときに、
    「株分け」をしてあげると再び元気に育ちます。

    何故「株分け」を、行う必要が有るのか? の理由と、
    株分け作業の手順をご紹介したいと思います。


    ■株分けをする理由


    株分けの作業は、クリスマスローズの生育が落ちた時や、
    花付きが悪くなった時に行う作業です。

    開花後3年くらいが目安ですが、
    丈夫に育っていれば必要はありません。

    株分けは、生育の勢いの落ちたクリスマスローズを、
    元気にするために行うものです。

    株分けをして、老化した株に刺激を送ることで、
    生育をまた、活性化させることができます。

    開花してから、かなりの年月が経過したクリスマスローズに関しては、
    生育が回復できないほどに老化していることも考えられますが、
    一般的に、この株分けで、株は元気を取り戻します。

    株分けは、主に、無茎種の品種のみ行うものです。
    種より育て、定期的に株分けして更新を行ってください。

    株分けの目安は、開花後3〜4年以上経過した頃です。
    まだ未熟なうちに株分けをすると、かえって生育の妨げになってしまいます。

    また、株分けは、鉢植えの株の鉢を変えると言う意味でも使われます。
    鉢を一回り大きなものに交換する際も、「株分け」と言うことがあります。




    ていねいな手入れをすると開花が良くなります



    ■株分けの手順とコツ


    株分けの適期は、秋〜春にかけてです。
    最も、株分けに適した季節は、根の動き始める前の秋です。

    大体、3芽以上付けて2〜3株に分けるのが良いと思います。
    あまり細かく株分けしてしまうと、
    開花が遅れてしまうこともありますので注意します。 


    株を分けるときは、ナイフなどでスパッと切ります。
    ちぎるように分けると、根が傷んでしまうので気を付けます。

    次の季節に確実に開花させたいのであれば、株分けの際に、
    大きな株と、小さな株数個に分ける方法がおすすめです。
    株分け後は、今まで以上に大切に育ててあげてください。

    根茎のある程度付いた状態であれば、生育はできるので、
    気に入ったクリスマスローズがあれば、
    それぞれを元に増やすことも可能です。

    >>クリスマスローズの開花株を見てみる

    JUGEMテーマ:花のある暮らし

    クリスマスローズ
    コメント
    コメントする








       



    Christmas rose

    クリスマスローズの良苗♪

    selected entries

    categories

    links

    お勧めです!





    シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品b.glen

    profile

    search this site.

    others

    応援してね!

    にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキングへ
    ブログランキング
    ランキングはこちらをクリック!
    FC2 Blog Ranking
    @With 人気Webランキング
    PVランキング
    ブログランキング
    ブログランキングNo.1
    livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
    seo great banner

    • キーワード調査ツール

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM