クリスマスローズ 開花株を各種見てみる

クリスマスローズ 古葉取り

0

    もうすぐ開花の時期ですね


    11月〜12月頃は、クリスマスローズの古い葉を取る適期です。
    この作業が必要となるのは、開花見込み株または開花株のうち、
    無茎種となる品種のクリスマスローズです。
    ヘレボルス・リビダスや、アーグチフォリウス、ニゲル、ヴェシカリウスなど、
    有茎種の品種は、この古葉取りの作業は不要です。


    ■無茎種の古い葉を取る目的とその方法

    ・目的
    株元の風通しを良くして、日光に当たりやすくする目的で行います。

    古い葉は古くなっても光合成を行なっているからなどといった理由で、
    残しておくという方法もあります。

    しかし風通しが悪くなること、日光に当たりづらくなること、
    葉自体が古く弱っていることなどから、
    病害虫の発生も増えるため、古い葉は処分するのが理想です。

    ・古葉取りが必要な無茎種のクリスマスローズ
    ヘレボルス・トルカータス、リグリクス、オリエンタリス、クロアチクス、
    オドルス、チベタヌスといった種類の有茎種は、古い葉を取る必要があります。

    しかし、無茎種も傷んだ葉が見られる場合はその都度取り除くようにするのが、
    丈夫に健康に育てるポイントとなります。



    秋には芽が動き出します


    ・方法
    株の中央部分より新しく展開する葉の脇に追いやられた葉は、
    緑の色も濃く古びて見えるようになります。

    11月〜12月の適期を迎えたら、この古くなった葉を株元から切り、
    外から見て株元がくっきりと見えるようになるように、整理しておきましょう。

    ■古い葉を取る時のポイント
    ・古葉取りの作業は、無茎種となるクリスマスローズだけ
    ・古葉取りの名前の通り、古い葉のみをカットして新しい葉は残す
    ・既に枯れてしまった元気のない葉や、落ちた葉なども綺麗に処分する

    >>クリスマスローズの開花株を見てみる

    JUGEMテーマ:花のある暮らし

    クリスマスローズ
    コメント
    コメントする








       



    Christmas rose

    クリスマスローズの良苗♪

    selected entries

    categories

    links

    お勧めです!





    シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品b.glen

    profile

    search this site.

    others

    応援してね!

    にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキングへ
    ブログランキング
    ランキングはこちらをクリック!
    FC2 Blog Ranking
    @With 人気Webランキング
    PVランキング
    ブログランキング
    ブログランキングNo.1
    livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
    seo great banner

    • キーワード調査ツール

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM