クリスマスローズ 開花株を各種見てみる

11月 クリスマスローズ 開花にむけて生長!

0


    もうすぐ愛らしい姿を見られます


    クリスマスローズの生育に最も適した時期が11月です。
    根も活発に伸びていきますので大切に生長させたいですね。

    また、ヘレボルスフォエティドゥスや、ノイガーなどの種類は、
    花芽の生長が肉眼でも確認できるようになりますので、
    心待ちしている開花の楽しみが広がります。

    こういった大切な時期となりますので、水切れ・肥料切れ、
    病害虫には気をつけて管理を行なって行きましょう。



    原種系も、もうちょっとで開花です!


    ■11月の管理方法

    種まきの済んだ育苗箱は土が乾燥しないように注意しつつ、
    雨のあたらない屋外で管理を行なっていきます。

    11月の中旬頃までは、植え付けや鉢替え、株分けなどもできますので、
    まだ、それらの作業が済んでいないというかたは、
    早めに行なっておきましょう。


    ■庭植えの管理

    ・水やり
    特に乾燥するような場合に限り、水やりを行いますが、
    雨が降ったなどといった時などは水やりは基本的に不要です。

    ・肥料
    肥料は9月〜10月に株分け、植え替えをした株に対し、
    緩効性化成肥料を施していきます。

    それ以外の株に関しては、肥料を施す必要はありません。



    原種との交配種もだんだんと開花の準備です



    じょうぶに育っているか日々見回ります


    ■鉢植えの管理

    ・水やり
    空気が乾いてくる11月は、晴天の日で1日に1回水を与えます。
    水切れが起こらないように十分に注意してくださいね。

    ・肥料
    1ヶ月に1回を目安とし、リン酸分の多い緩効性化成肥料を、
    施していきます。
    鉢植えは庭植えよりも肥料切れを起こしやすいとので、
    葉の色が褪せてきたり元気がないようなら与えていきます。

    ・置き場
    この頃になると台風など風の影響も少なくなりますので、
    日当たりが良く風通しの良い場所に置いておきます。

    地域にもよりますが、そろそろ霜が降りる季節でもありますので、
    棚などの高いところに置くのがお勧めです。


    ■病害虫の防除について

    気温の下がったこの頃になると、病害虫の発生も少なくなります。

    しかし、ヨトウムシ、アブラムシの被害が出ることもあるので、
    日々観察し、薬剤散布などの防除策は行っていきましょう。

    >>クリスマスローズの人気株を見てみる

     

     

    JUGEMテーマ:花のある暮らし

     

     

     

     

     

     


    クリスマスローズ
    コメント
    コメントする








       



    Christmas rose

    クリスマスローズの良苗♪

    selected entries

    categories

    links

    お勧めです!





    シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品b.glen

    profile

    search this site.

    others

    応援してね!

    にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキングへ
    ブログランキング
    ランキングはこちらをクリック!
    FC2 Blog Ranking
    @With 人気Webランキング
    PVランキング
    ブログランキング
    ブログランキングNo.1
    livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
    seo great banner

    • キーワード調査ツール

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM