クリスマスローズ 開花株を各種見てみる

クリスマスローズ 病気 カビ

0

    雪のなかで咲くクリスマスローズ


    クリスマスローズは、丈夫な植物ともされていますが、
    日本の高温多湿の環境は、病気や害虫を招く恐れがあります。

    そのためにも、クリスマスローズの病気や害虫に関する知識を持ち、
    それらに対応した管理をすることが大切です。

    今日はカビ(糸状菌)による病気を紹介します。




    ■灰色かび病


    ・原因
    原因はボトリチス菌によるもので、春先〜12月にかけて
    起こりやすい病気とされています。
    特に梅雨時期などの多湿状態の時は注意が必要です。

    ・伝染
    カビの胞子は風に乗り飛散します。
    傷や衰弱している組織から感染していきます。

    ・症状
    葉っぱの先端などから褐色系の斑点が出てきます。
    更に拡大すると、腐敗性病斑となります。
    根や茎まで進行すると、株はどんどん腐敗しやがて枯れてしまいます。

    ・防除
    フルピカフロアブルやサンヨールなど、殺菌剤を散布しましょう。
    発症してしまった場合は、素早く患部を切り取ることも大切です。





    ■立枯病

    ・原因
    リゾクトニア菌によって発生する病気で、灰色かび病と同じ
    時期に起こりやすいとされています。
    3月〜5月の発芽直後の時期に苗に発生するものを
    苗立枯病ともいいます。

    ・症状
    急に元気がなくなり葉っぱが萎れていきます。
    株元は褐色・黒褐色の斑点が生じ、どんどん根茎も腐っていきます。

    ・防除
    発症してしまったら素早く患部を切り取ります。
    その後、リゾレックス粉剤などの殺菌剤を1週間おきに2〜3回散布します。




    ■べと病

    ・原因
    カビ(糸状菌)によるもので、4月〜8月・10月〜11月にかけて
    起こりやすいとされている病気です。

    ・伝染
    胞子を形成して飛散し伝染させていきます。

    ・症状

    葉っぱの表面に薄い黄色のような斑点が現れ始めます。
    進行すると大きな病斑も生じていきます。

    ・防除
    発症がみられたら、患部を切り取り殺菌剤を散布しましょう。

    クリスマスローズの品種や栽培から病気のことまで、
    たいへんわかりやすく写真とともにしょうかいされています。
    ↓クリスマスローズ部門人気ナンバーワン! 

    【送料無料】クリスマスローズのすべて [ 横山暁 ]

    JUGEMテーマ:花のある暮らし


    クリスマスローズ
    コメント
    コメントする








       



    Christmas rose

    クリスマスローズの良苗♪

    selected entries

    categories

    links

    お勧めです!





    シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品b.glen

    profile

    search this site.

    others

    応援してね!

    にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキングへ
    ブログランキング
    ランキングはこちらをクリック!
    FC2 Blog Ranking
    @With 人気Webランキング
    PVランキング
    ブログランキング
    ブログランキングNo.1
    livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
    seo great banner

    • キーワード調査ツール

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM