クリスマスローズ 開花株を各種見てみる

9月 クリスマスローズ 越夏し元気を取り戻します

0

     
    クリスマスローズと空、似合います


    高温な夏を乗り越えたクリスマスローズは、涼しくなるにつれて、
    元気を取り戻します。

    9月はクリスマスローズにとって花芽を形成する重要な時期と
    なりますので、お手入れもしっかり行なって行きましょう。

    また、長い間肥料を施していませんでしたので9月からは、
    肥料も施し、株全体の元気を回復させて行きます。



    原種系ももうすぐ咲き出します


    ■9月の管理方法

    寒冷紗などを使っていた場合は、9月に取り除きます。
    日差しがクリスマスローズに当たるようにしておきましょう。

    また、株分けもこの時期に行います。
    芽数があり、細い茎が混み合ってる株は根を切らないようにしながら
    2芽以上に分けて話していきます。


    ■庭植えの管理

    ・水やり
    9月といってもまだ気温の高い日もあるかと思いますので、
    水やりは1日に1回、涼しい時を見計らって行なっていきます。

    ・肥料
    生育状況を確認しながら肥料を施していきます。
    9月上旬は液体肥料の1000倍液を5日おきに2回ほど、水やりの
    代わりとして行います。

    中旬以降さらに涼しくなってきたら緩効性化成肥料を1回株元に、
    施します。

    また、秋の長雨にやられないように水はけがよくなるように、
    対策を行なっておくことも忘れないでください。


    ■鉢植えの管理

    ・水やり
    湿度が下がりますので、乾燥しやすくなってきます。
    天気の良い日は1日に2回、水やりを行なってください。

    ・肥料
    8月までは肥料を施しませんでしたが、9月になったら肥料を
    施していきます。液体肥料の1000倍液を5日に1回ほど、
    緩効性化成肥料を1ヶ月に1回ほど、施してください。

    ・置き場
    9月中旬ごろまでは明るい日陰での管理を行い、下旬頃になったら、
    日当たりの良いところに移動します。



    シングル3株998円、ダブル3株1980円、色もダブらないよう配慮してくれました。
    とっても元気でいろつやも良い苗で、立派な花が咲きそうです。
    ガーデニングshop岐阜緑園さんで販売されています。


    ■病害虫の防除について

    この時期に長雨などの影響により葉っぱを痛めることになると、
    病害虫の発生が考えられ、生育にも悪影響が出ます。

    特に新しい葉が展開するヘレボルス・オリエンタリスなどは、
    斑点細菌病や、べと病などの病害が発生しやすい時期です。
    十分に気をつけてください。

    >>クリスマスローズの開花株を各種見てみる
     

     


    3月 ヘレボルスオリエンタリスが満開を迎えます

    0




      クリスマスローズ ピンクスポット ダブル開花株


      3月のクリスマスローズと言ったらなんといっても、
      ヘレボルスオリエンタリスではないでしょうか?
      オリエンタリスは、3月頃満開を迎えます。


      その他のクリスマスローズの花も咲き揃うようになるため、
      一度に色々な種類のお花を楽しむことが出来るのもこの時期です。





      クリスマスローズ オドルス緑アロマダブル開花株


      ■3月の管理方法

      ・秋に種まきを行った苗の管理方法
      発芽し、本葉が出揃った苗は、
      ビニールポットなどを使って鉢上げを行います。

      ・株分け
      庭植えや鉢植えで混み合ってきた大株については、
      株分けを行なっておくとより元気に育つことができます。
      株分けは3月〜4月、9月が適期とされています。

      ・花柄摘み
      1本の茎に多くのタネを付けておくとタネの充実が悪くなります。
      また、小さな株や鉢上げしたものに関しても、
      多くのタネを付けると株が弱っていってしまいます。
      そのため、タネが膨らみ始めたら摘み取る作業を行います。

      庭に植え付け・植え替えを行うのも3月はちょうど良い季節だと言えます。
      落葉樹の下などで育てると、環境も良くお庭にも華やかさが増します。





      クリスマスローズ ダブルブラック開花株

      *以上3点はイングの森さんの商品です。
      ほかにも1点ものなど、たくさん入荷されています。


      ■庭植えの管理

      ・水やり
      暖かい気候が続き、雨が降らずに乾燥している場合などは、
      水やりを行います。

      ・肥料
      開花が終わったら株の充実のため、
      カリ分の多い緩効性化成肥料を株元に施すと良いでしょう。


      ■鉢植えの管理

      ・水やり
      空気の乾燥する季節ですので、水切れには注意しましょう。
      天気の良い時は1日1回、午前中に水やりを行います。

      ・肥料
      株の充実のため、カリ分の多い緩効性化成肥料を施します。
      また、液体肥料の1000倍に薄めたものを、
      10日に1回ほど水やりとして与えます。

      ・置き場
      あまり風の当たらない日当たりの良い場所が良いでしょう。
      開花中の花を部屋に飾る人も多いかと思いますが、
      1日中、部屋の中に置きっぱなしですと株が弱りますので、
      適度に日光にあてると良いでしょう。


      ■病害虫の防除について

      3月頃になると暖かくなった事でアブラムシが発生しやすくなります。
      アブラムシの防除としては、ニテンピラム粒剤や、
      アセフェート粒剤などを月に1回散布するのが良いです。

      >>クリスマスローズ 開花株を各種見てみる
       

      JUGEMテーマ:花のある暮らし

      2月 クリスマスローズシーズンの到来です

      0


        クリスマスローズ 開花株!クロアチカス系 原種交配


        クリスマスローズはこの時期にシーズンを迎えます。
        各地ではクリスマスローズの展覧会などのイベントも、
        度々開かれるようになります。

        2月〜4月頃までがクリスマスローズを楽しめる期間ですので、
        自身で交配などにチャレンジしてみても面白いですね。



        クリスマスローズ ダブル 開花株!クリーミーホワイト


        ■2月の管理方法

        ・秋まき苗の管理方法
        秋に種まきを行ったものは発芽が揃ってくる時期です。
        ビニールハウスなどで栽培されている場合は、8度〜10度で
        管理を行なっていきます。

        外で栽培されている場合も発芽し始めるので、
        液体肥料の1000倍液を2週間に1度、水やりとして与えます。


        ・交配で新種をつくる
        クリスマスローズは初心者でも簡単に交配が可能です。
        そうすると、親株とは違った品種も楽しめます。

        普通に栽培していても自然に受粉し新しい種類の花が
        咲くこともあるほど、簡単に種のつくクリスマスローズですので、
        交配は非常にお勧めです。



        クリスマスローズ ダブル 開花株!スモーキー アプリコット スポット

        *画像3点はガーデニングshop岐阜緑園さんで販売されています。



        ■庭植えの管理


        ・水やり
        特に乾燥が気になる場合のみ水やりが行うべきですが、
        その他の場合は特に水やりは必要ありません。

        ・肥料
        肥料は施さなくて大丈夫です。


        ■鉢植えの管理

        ・水やり
        空気の乾燥する季節ですので、水切れには注意しましょう。
        天気の良い時は1日1回、午前中に水やりを行います。

        ・肥料
        鉢植えは肥料切れも起こしやすいと言えます。
        液体肥料を1000倍に薄め、週に1度水やりの代わりに与えます。

        ・置き場
        風の当たらない日当たりの良い場所で管理を行います。
        鑑賞のためとはいえ、家の中ばかりに置いてしまうと
        株は弱ってしまいます。
        時々日光に当てることも忘れないようにしてください。


        ■病害虫の防除について

        1月同様、2月のこの時期は病害虫の発生はほぼありません。
        たまにアブラムシが発生することもありますが、その場合に限り、
        アセフェート粒剤などを散布します。

        >>クリスマスローズ 開花株を各種見てみる

         

         

        JUGEMテーマ:花のある暮らし

         

         


        1月 クリスマスローズ 開花株も出回ります

        0





          クリスマスローズの開花株などが販売される1月は、
          本格的にクリスマスローズを楽しめる時期だと言えます。
          これらは温室で作られたものですが、まだ咲いていない花も
          徐々に楽しめる時期に差し掛かっています。


          ■1月の管理方法

          ・防寒対策
          寒い北風などの当たる場所に植える、
          フォエティドゥスなどの有茎種は、
          夜間に不織布などで株を覆い寒さ除けを行います。

          ・支柱立て
          有茎種で花の茎が長くなるものに関しては
          この時期に支柱を立てて雪に対応できるようにしておきます。

          ・古葉の切り取り作業
          まだ古葉を切り取っていない場合は切り取りを行います。
          葉を切り取ることで花茎を上手に伸ばす効果が期待できます。

          切り取った後は株元を綺麗にし、わらやバークチップ、
          落葉樹の落ち葉などでマルチングを行います。





          ■庭植えの管理

          ・水やり
          晴天が続き乾燥気味になっているようであれば水やりを行いますが、
          基本的に水やりの必要はありません。

          ・肥料
          この時期は肥料を与えなくて構いません。


          ■鉢植えの管理

          ・水やり
          天気が良い日の午前中に1回水を与えてください。

          ・肥料
          肥料不足にならないように、リン酸分の多い緩効性化成肥料を、
          6号鉢で6グラムを目安に施します。

          ・置き場
          風が当たらなく日当たりの良い場所で管理しましょう。
          また開花しはじめたら、霜の降りない屋根のある場所で管理をします。



          原種系も出回る時期です


          ■病害虫の防除について

          1月など冬の時期はほとんど病害虫が発生しないため、
          特に薬剤を散布する必要はありません。
          しかし、稀にアブラムシなどの発生が考えられますので
          日々観察をすることを忘れないようにしましょう。

          万が一、アブラムシが発生してしまったら、
          ニテンピラム粒剤・アセフェート粒剤などを散布し防除します。

          >>クリスマスローズ 開花株を各種見てみる

           

           

          JUGEMテーマ:花のある暮らし

           

           


          11月 クリスマスローズ 開花にむけて生長!

          0


            もうすぐ愛らしい姿を見られます


            クリスマスローズの生育に最も適した時期が11月です。
            根も活発に伸びていきますので大切に生長させたいですね。

            また、ヘレボルスフォエティドゥスや、ノイガーなどの種類は、
            花芽の生長が肉眼でも確認できるようになりますので、
            心待ちしている開花の楽しみが広がります。

            こういった大切な時期となりますので、水切れ・肥料切れ、
            病害虫には気をつけて管理を行なって行きましょう。



            原種系も、もうちょっとで開花です!


            ■11月の管理方法

            種まきの済んだ育苗箱は土が乾燥しないように注意しつつ、
            雨のあたらない屋外で管理を行なっていきます。

            11月の中旬頃までは、植え付けや鉢替え、株分けなどもできますので、
            まだ、それらの作業が済んでいないというかたは、
            早めに行なっておきましょう。


            ■庭植えの管理

            ・水やり
            特に乾燥するような場合に限り、水やりを行いますが、
            雨が降ったなどといった時などは水やりは基本的に不要です。

            ・肥料
            肥料は9月〜10月に株分け、植え替えをした株に対し、
            緩効性化成肥料を施していきます。

            それ以外の株に関しては、肥料を施す必要はありません。



            原種との交配種もだんだんと開花の準備です



            じょうぶに育っているか日々見回ります


            ■鉢植えの管理

            ・水やり
            空気が乾いてくる11月は、晴天の日で1日に1回水を与えます。
            水切れが起こらないように十分に注意してくださいね。

            ・肥料
            1ヶ月に1回を目安とし、リン酸分の多い緩効性化成肥料を、
            施していきます。
            鉢植えは庭植えよりも肥料切れを起こしやすいとので、
            葉の色が褪せてきたり元気がないようなら与えていきます。

            ・置き場
            この頃になると台風など風の影響も少なくなりますので、
            日当たりが良く風通しの良い場所に置いておきます。

            地域にもよりますが、そろそろ霜が降りる季節でもありますので、
            棚などの高いところに置くのがお勧めです。


            ■病害虫の防除について

            気温の下がったこの頃になると、病害虫の発生も少なくなります。

            しかし、ヨトウムシ、アブラムシの被害が出ることもあるので、
            日々観察し、薬剤散布などの防除策は行っていきましょう。

            >>クリスマスローズの人気株を見てみる

             

             

            JUGEMテーマ:花のある暮らし

             

             

             

             

             

             


            クリスマスローズ


            Christmas rose

            クリスマスローズの良苗♪

            selected entries

            categories

            links

            お勧めです!





            シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品b.glen

            profile

            search this site.

            others

            応援してね!

            にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
            にほんブログ村
            人気ブログランキングへ
            ブログランキング
            ランキングはこちらをクリック!
            FC2 Blog Ranking
            @With 人気Webランキング
            PVランキング
            ブログランキング
            ブログランキングNo.1
            livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
            seo great banner

            • キーワード調査ツール

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM