クリスマスローズ 開花株を各種見てみる

12月 クリスマスローズ 原種 栽培

0



    もうすぐ開花です、大切にお手入れを


    12月のクリスマスローズは、多くの種類がいっせいに蕾を付け始めます。
    すぐそこに迫る開花がたいへん楽しみになりますね。
    開花まで後少し、心を込めて、しっかりとお手入れしてあげましょう。

    ・12月の有茎種
    花茎(ステム)頂部の新芽が大きくなり、蕾が付き始めます。
    有茎種は、まだまだ葉も楽しめる時期です。

    ・12月の無茎種
    株元にある新芽(花芽)が大きくなり出します。
    花芽は丸みがあるのが特徴で可愛らしいですが、
    無茎種の一部は、葉が枯れ始める時期でもあります。

    日本で栽培する場合は、秋に落葉すると言われる無茎種ですが、
    生育環境さえ良ければ、葉は年明けまで残るものです。

    ・12月の育て方のポイント
    植え付け、植え替え、株分けがまだの場合は、早めに行います。
    通常の適期は10月、遅くとも12月です。早め早めに作業を行ってください。

    また、ピートモス、ヤシ殻主体の用土で植え替えられた株は、
    入手後すぐに植え替えるようにします。




    蕾ができると嬉しいですね


    ■12月に行う作業

    ・植え付け
    植え付けを行うのは、開花株、開花見込み株のみです。
    その他の小苗などは、庭植えにはまだサイズが足りないため、
    鉢などで育てて、庭への植え付けは行いません。

    植え付けのポイントは、根鉢を良く崩したあとに植えつけること、
    そして、深植えにしないことです。

    レイズベッドに植え付けるのが特におすすめの方法です。
    この場合、馬糞堆肥、緩効性化成肥料を用いて元肥とします。
    水はけが悪い場合は、日向土、パーライトを利用すると良いでしょう。

    ・植え替えと株分け
    鉢植えの場合は、1年〜2年ごとに、一回りから、二回りほど大きい鉢へ植え替えます。
    植え替えのポイントも、良く根鉢を崩して広げることが大切です。

    しかし、フェチダスや、リヴィダスといった原種は、根茎が貧弱であるため、
    軽く解す程度にとどめておきましょう。

    用土は、赤玉土中粒や、日向土小粒、馬糞堆肥、ゼオライト細粒、
    燻炭などを利用します。元肥は、リン酸分、カリ分の多い化成肥料です。

    芽数が6芽以上になった株は、株分けができます。
    ここでのポイントは、1つに対して、3つ以上の芽が付くように分けることです。
    ナイフやマイナスドライバーなどでこじるようにすると、上手く分けられます。

    3つ以上の芽を付けて株分けすれば、夏越しもできますし、
    株の生長も充分で、開花が遅れずに楽しめます。

    ただし、フェチダスに関しては、
    株分けが行えない原種ですので覚えておきましょう。

    ・下葉取り、古葉取り
    ヘレボルス・フェチダスなどの有茎種は、傷んだ葉の葉柄を、
    付け根部分より約3センチほど残して、ハサミで切り取ります。
    通気性が良くなるので、株が蒸れず、病気も発生しにくくなります。

    ヘレボルス・ムルチフィダス・ヘルツェゴヴィヌスなどの無茎種は、
    細い小葉が枯れてくるので、枯れた葉の葉柄を約3センチほど残してハサミで切り取ります。
    枯れた葉は順次とって、枯れていない葉のみを残して行きます。




    ミヨシクリスマスローズ(原種系):*ダブルファンタジー3号ポット


    ■鉢植えの管理

    ・置き場所
    この時期は、なるべく冷たい風に晒しすぎないようにします。
    また、10月〜11月同様、12月も通気性の良いひなたで管理します。

    ・水やり
    乾燥するこの時期の水やりの目安は、週に1〜2回です。
    用土が乾いた時にたっぷりの水を与えるのが重要です。
    水やりの作業は、午前中、10時くらいまでに行いましょう。

    ・肥料
    11月下旬に肥料を追肥した場合は、12月は液体肥料のみを与えます。
    約15日に1回、リン酸分、カリ分の多い液体肥料を与えます。


    ■庭植えの管理

    雨の当たらない場所などでなければ、水やりは不要です。
    また、この時期は追肥も要りません。


    ■病害虫の防除について

    空気の乾燥する12月ですが、うどんこ病、灰色かび病には気を付けたいです。
    この時期は、園芸店、ホームセンターなどで苗を入手する人も多いと思いますが、
    もともと温かい場所で管理されていたものは、
    病気を持つ場合もあるので注意します。

    害虫は、ハモグリバエ、別名エカキムシに注意してください。
    被害が大きく広がってしまった場合は、葉ごと除去するのも1つの策です。

    >>12月のクリスマスローズ園芸種の育て方はこちらです

    >>クリスマスローズ 原種系の苗を見てみる
    >>クリスマスローズ 開花株を見てみる

     

     

    JUGEMテーマ:花のある暮らし

     

     


    10月 クリスマスローズ 原種 栽培

    0


      人気のニゲル


      一気に「秋」になる10月、クリスマスローズは、
      涼しくなる気候とともに、徐々に生育期まで進みつつあります。

      涼しく、降雨量も9月と比べて落ち着くので、
      とても管理がしやすい季節になります。

      これからの時期、生育の勢いを止めないように、
      また、開花が見れるよう、しっかりと栽培して行きましょう。


      ■10月 クリスマスローズ 原種 栽培

      ・10月の有茎種
      10月になると、早くも有茎種は新葉が展開しはじめます。
      ヘレボルス・アーグチフォリウスや、ヘレボルス・ニゲル、
      ヘレボルス・フェチダスなどの原種は、蕾が見れるものもあります。

      ・10月の無茎種
      9月下旬頃から動き始めた新芽が株元に現れ、古い葉に傷みが見られます。
      基本的に、無茎種は開花中の春の一回のみ新葉を展開するので、
      有茎種のように、この時期に葉が展開することはありません。

      ただし、ヘレボルス・ボッコネイや、
      交配種のヘレボルス・ヒブリダスは例外です。

      ・10月の育て方のポイント
      植え付け、植え替え、株分けの適期です。
      また、春に発芽した小苗は、
      この時期に鉢増し、ポット上げを行い、日なたで管理します。

      徐々に作業量の多くなる季節になりますが、
      新しく出た葉を傷めることのないよう注意して作業します。


      ■10月に行う作業

      ・植え付け
      クリスマスローズの植え付けは、この10月が最適期です。
      北海道や、東北地方などの寒冷地は、春が適期となります。

      園芸店などでも、”開花見込み株”が多く販売されるようになるので、
      開花見込み株や、開花サイズの大株を手に入れ、植え付けてみてください。

      なお、小苗はこの時期に庭植えしても、充分に育たないため、
      鉢植えで数年管理してから、庭植えに植え替えると良いです。

      ・植え付けの方法
      植え付けは、根鉢を良く崩して、古い用土を落とした状態で行います。

      また、ポイントは深植えしすぎないようにすることです。
      深く植えてしまうと、気温が上がってから糸状菌による、
      病気になりやすくなってしまいます。

      元肥には、リン酸分・カリ分の多い、緩効性化成肥料を施します。
      無茎種の場合は特に、新芽を傷めないよう、注意して行ってください。

      ・植え替え
      植え付け同様、植え替えも、10月が最適期を迎えます。
      こちらも、北海道や、東北地方などの寒冷地は、春が適期です。

      鉢植えの場合、1年〜2年に植え替え作業を行うのが基本です。
      これは、用土の劣化や、根詰まりを防ぐ目的で行います。

      特に入手したてのポット苗は根詰まりしていることも多いので、
      慎重かつ丁寧に根鉢を崩して植え替えるようにしてください。

      ただし、ヘレボルス・リヴィダスや、ヘレボルス・フェチダスなどの有茎種は、
      元々、根や茎が弱いため、あまり崩すとかえって傷めてしまいます。

      ・植え替えの方法
      大きな鉢にしすぎると、過湿状態になってしまうため、
      一回りから、二回り程度の鉢に植え替えるようにします。

      植え付けの時同様に、
      深植えにならないように気を付けて植え替えます。

      使用する用度は、赤玉土中粒3、日向土小粒3、馬糞堆肥2、
      ゼオライト細粒1、燻炭1などの配合土がおすすめです。
      元肥には、リン酸分・カリ分の多い緩行性化成肥料を与えます。

      ・株分け
      植え付け、植え替え同様、10月は株分けも適期を迎えます。
      ただし、株分けを行うのは、芽数が6芽以上ある株です。

      1株あたり3芽以上をつけながら、ドライバーなどで、分けていきます。

      1芽ずつに分ける方法もありますが、株の勢いがなくなってしまうため、
      開花が遅れたり、夏越しに失敗するなどのデメリットが出てきます。

      そのため、3芽以上は1株につけて分けることを、おすすめします。

      また、株分けを行う場合は、芽の扱いに十分注意してください。
      また、ヘレボルス・フェチダスは、根・茎ともに非常に脆いので、
      株分けには適していません。

      ・ポット上げ
      基本的にポット上げの適期は、3月になりますが、
      この時期に行わなかった場合は、10月にも、行うことができます。

      使用する用土は、出来るだけ粒の小さいものが良いです。

      粒の小さいものを使用することによって、根が、栄養分や、
      水分を吸収しやすくなる他、保水性を高めるなどの効果が得られます。

      元肥には、リン酸分・カリ分の多い緩効性化成肥料を施します。

      ポット上げは、発芽苗を1つずつ、
      3号のロングポットに植え付けて行きます。

      なるべく根を傷めないように作業したいところですので、
      ポット上げから2週間は、ダメージを受けているため、
      直射日光の当たらない、風通しの良いところで管理してください。



      もう少しで、愛らしいクリスマスローズに会えますね


      ■鉢植えの管理

      ・置き場
      風通しの良い、日なたで管理します。

      ・水やり
      新芽が動き出す10月は、水分も多く必要になりだす時期です。
      週に2回程度、表面が乾いたら、たっぷりと水を与えてください。

      ・肥料
      9月下旬頃に固形肥料を与えている場合は、水やりの代わりとして、
      15日に1回、リン酸分・カリ分の多い液体肥料を施します。


      ■庭植えの管理

      ・水やり
      雨の当たる場所にて管理している場合、水やりは特に不要です。

      ・肥料
      与えません。


      ■病害虫の防除について

      10月は涼しい気候となりますが、まだまだ病気は発生しやすいです。
      べと病、灰色かび病、軟腐病、黒斑細菌病(ブラックスポット)などには、
      引き続き、注意してください。

      また、新葉が展開しはじめるため、ブラックデスにも要注意です。

      害虫対策として、浸透移行性殺虫剤を散布すると良いでしょう。
      アオムシ、アブラムシの被害を抑えることができます。

      また、同じ浸透移行性殺虫剤を使用していると耐性ができるため、
      違う薬剤を用いると、効果が持続しやすいので、おすすめです。

      >>クリスマスローズ原種苗を見てみる
       


      9月 クリスマスローズ 原種 栽培

      0

         
        9月の蒸し暑さをじょうずに乗り越えましょう


        9月上旬はまだまだ、夏の蒸し暑い日々が続きますので、
        クリスマスローズの栽培には、じゅうぶん気を付けたい時期です。

        また、9月になると、太平洋高気圧と長雨の影響から、
        株の中の湿度が高くなりやすくなりますので、
        根腐れしないように日除け対策、水やりの頻度、量を調節します。

        9月も下旬頃になると、根が活発に動き始める品種もあるので、
        再び、肥料を与え、冬に向けて株を充実させていきましょう。


        ■9月 クリスマスローズ 原種 栽培

        ・9月の有茎種、無茎種
        生育はまだまだ「半休眠期」ですので、見られないものも多いですが、
        ヘレボルス・チベタヌスは葉が枯れ始め、ヘレボルス・ボッコネイは、
        新葉が展開されはじめます。

        また、ヘレボルス・ニゲルが蕾を付けることもあります。

        ・9月の育て方のポイント
        9月はまだまだ暑いことに加え、雨の影響を受けやすい時期です。
        そのため、6月の梅雨の時期と同じくらい、
        株の蒸れ具合には充分注意して管理するべきだと言えます。


        ■9月に行う作業

        6月以降は、寒冷紗などの日除け対策が必須となりますが、
        9月も引き続き、日除けを行いながら、育てて行くと良いです。
        ただ、9月も下旬になれば少し暑さがやわらぎますので、
        徐々に直射日光に当てるようにしてください。



        もう少しでつぼみも出来てきます


        ■鉢植えの管理

        ・置き場
        9月中旬頃までは、まだギラギラとした日差しも降り注ぐので、
        原種によって置き場が多少変わりますが、

        「明るい日陰〜半日陰」または、
        「半日陰〜午前中日の当たるところ」で管理します。

        彼岸を過ぎた頃になったら、風通しの良い日なたへ移動しはじめ、
        日除けもとり、充分に日光に当てるようにしていきましょう。

        ・水やり
        水やりは、週に2〜3回程度行えば良いです。
        鉢の表面が乾いたら、鉢底から流れ出るくらい、
        たっぷりの水を与えてください。

        9月下旬ころになるにつれ、徐々に頻度は少なくしていきましょう。
        ただ、9月は降水量の多い月ですので、
        雨の具合をみて、水やりの回数を調整する必要があります。

        ・肥料
        9月も彼岸を過ぎれば少し、涼しくなってきます。
        それと同時にクリスマスローズは、一部、根が動いて新芽が出始めます。
        休止していた肥料も、この頃から再開です。

        「追肥」として、リン酸分、カリ分の多い緩効性化成肥料や、
        油かすなどを与えます。
        この頃から2週間に1回の液体肥料も12月頃まで与えていきます。


        ■庭植えの管理

        ・水やり
        雨が完全に当たらない場所の場合は、水やりが必要ですが、
        それ以外の場所であれば、特に水やりは不要です。

        ・肥料
        9月下旬に、リン酸分、カリ分の多い緩効性化成肥料や、醗酵油かすを、
        「追肥」として与えます。


        ■病害虫の防除について

        夏に発生しやすい、べと病、うどんこ病、灰色かび病、
        軟腐病、ブラックスポットは引き続き、注意が必要です。

        また、新葉が展開し始めると、
        ウィルス性のブラックデスが発生することもあります。

        害虫にいたっては、ナメクジ、バッタ、
        ヨトウムシ、アオムシなどの被害に遭いやすく、
        夏越しした葉に被害が出ることもありますので注意してください。

        >>人気の花苗ランキング
         

        JUGEMテーマ:花のある暮らし

         


        2月 クリスマスローズ 原種 栽培

        0

           
          開花し多くの蕾を持つのが嬉しいです


          2月は、まだまだ寒い時期となりますが、
          風向きも南風に変わって、平均温度が少し上昇します。

          この温度が、6度以上になってくると、
          多くのクリスマスローズの原種に開花が見られるようになり、
          栽培していると、とってもわくわくする季節です♪

          ・2月の有茎種
          有茎種は、交配した親株よりも、開花が遅いのが特徴であるため、
          まだ、開花が見られないものもあります。

          その場合は、咲き始めが、3月以降になります。

          ・2月の無茎種
          ほとんどの種類に開花が見られます。

          ・2月の育て方のポイント
          寒さによって、花柄が倒れることがありますが、
          日中になると、自然に立ち上がるので心配はありません。
          1月〜2月は、前年にまいた種が発芽する頃でもあります。



          寒さで紅葉しています


          ■2月に行う作業

          ・植え付け
          庭植えにする場合は、購入したばかりの、開花見込み株、
          開花株、前年の秋に植え替えや、株分けを行っていないものに限ります。

          植えつけた後は、子房が膨らむ前に花をカットします。
          これは、株への負担を下げるために行います。

          その後、根鉢を崩したら、レンガや石などを積んで嵩上げした、
          レイズベッドなどに植えつけます。この時、深植えにしてしまうと、
          春先の病気が発生しやすくなりますので、注意しましょう。

          また、この時は元肥として、
          緩効性化成肥料(リン酸、カリ分多め)を与えます。

          植え付け場所は、日当たりの良い場所です。
          また、夏になった時、強い日差しの当たらない場所が好ましいと言えます。

          原種によって適した場所は異なりますので、
          原種ごとに性格を知って、場所を考えてみるようにしましょう。

          例えば、ヘレボルス・リヴィダス、ヘレボルス・フェチダスなどの有茎種は、
          雨の当たらない軒下などの場所が向いています。

          ・植え替えと株分け
          一般的に、開花期であるこの頃は、適期とは言えません。
          植え替え、株分けができるものは、植え付けできる株と同じです。

          植え替え、株分けの作業の後は、根の力が弱まりますので、
          作業を行う1週間ほど前に、活力剤を使用して、活着を促すと良いでしょう。

          また、作業の時は充分に根鉢を崩してから行います。
          ただし、ヘレボルス・フェチダスは例外です。
          根鉢をあまり崩さずに、作業を行ってください。

          株分けは、目の数が6芽以上あるものについて、行います。
          1つに3芽以上付くように分けますが、
          こちらも、ヘレボルス・フェチダスは例外です。
          株分けは行わないでください。

          ・株元の整理
          1月に古葉を除去したものについては、葉柄の残りがあります。
          時間が経てば、それは枯れていくので、
          枯れた段階で除去して株元を綺麗にします。
          これは、病害虫の予防にもなります。

          根は意外と弱く、力任せに抜くと、根までが抜けてしまいますので、
          気を付けて扱ってくださいね。



          そっと、ささやき合っているような雰囲気です


          ■鉢植えの管理

          ・置き場所
          開花株は日当たりの良い場所にて管理します。
          たくさんの開花が見られますが、多くの原種は、花が小ぶりなので、
          靴箱の上、出窓など、少し高い位置で鑑賞するとより綺麗に見えます。

          また、新たに入手したものは、徐々に寒さにならしてから、
          屋外で管理するようにします。

          ・水やり
          1月同様、用土が乾いた時に、たくさん水を与えますが、
          先述の通り、早朝は花柄が倒れていることもあります。

          でも、それは日中には元通りに立ち上がるものですので、
          慌てて水を上げる必要性はありません。

          水やりの目安は大体、週に1回程度です。特に寒い早朝は避け、
          午前中までに与えるのが望ましいです。

          ・肥料
          花付きの良いものは、リン酸分、カリ分の多い液体肥料が適しています。
          前年にまいた発芽した苗も、同様に液体肥料を2週間に1回、
          水やりの代わりとして与えます。



          とても繊細な色が魅力的です


          ■庭植えの管理

          雨が完全に当たらない場所を除き、水やりは不要です。
          肥料についても、この時期は与えません。


          ■病害虫の防除について

          2月は、1月と比べて、少し気温が上がり、降雨量が増えます。
          そのため、1月にはなかった灰色かび病などもまれに起こります。

          また、気温が上昇し始める2月下旬ころには、
          アブラムシも見られるようになります。

          アブラムシは、ブラックデスなどのウィルスを媒介する可能性があるので、
          浸透移行性の殺虫剤を中旬ころに使っておくと安心です。

          >>2月のクリスマスローズ園芸種の育て方はこちらです

          >>クリスマスローズ 原種系の苗を見てみる
          >>クリスマスローズ 開花株を見てみる
           

          JUGEMテーマ:花のある暮らし

           

           

           


          1月 クリスマスローズ 原種 栽培

          0


            そろそろ開花するクリスマスローズも♪


            1月は、私たちに人間にとって、非常に寒い季節ですが、
            クリスマスローズの原種は、たくさんの種類が蕾を付け、
            徐々に、開花が見られるようになります。

            ・1月の有茎種
            ヘレボルス・ヴェシカリウス以外の有茎種は常緑種なので、
            葉は茂り、だんだんと開花してきます。

            ・1月の無茎種
            無茎種は、ほとんど古葉が枯れてしまいますので、
            蕾が目立って見えます。前年度にまいた種は、この頃発芽します。

            ・1月の育て方のポイント
            1月は寒さが厳しいため、植え替え、株分け、植え付けの作業は行えません。
            この時期に入手した株については、そのまま管理し、
            寒さが和らぐ2月頃に植え付け、株分けの作業を行いましょう。


            ■1月に行う作業

            ・古葉とり
            無茎種は、前の年に展開した古い葉が枯れ始めるので、
            全体的に、茶色っぽく枯れてきたら順番に除いていきます。

            古葉とりの作業は、葉柄を付けたまま、付け根から約3センチほどで切ります。
            この時期に古葉とりを行わないと、春過ぎになってから、
            灰色かび病などの糸状菌による病気が発生してしやすいです。

            また、この時にハサミを使って作業をしますが、
            1株終わるごとに、消毒してください。

            ライターなど火で炙る方法が簡単です。
            消毒液なども販売されています。



            これからの季節は楽しみですね


            ■鉢植えの管理

            ・置き場所
            1月は、日当たりの良い場所で管理します。
            クリスマスローズの原種の鉢は、
            原則として、風通しの良い場所であるのが望ましいです。

            とくに、この時期は冷たい風が吹きますので、
            寒風、強風に当たらない場所に置きましょう。
            これが、蕾の立ち上がりを良くするポイントです。

            また、鉢は、すのこや、鉢台を使用するなどして、地面にそのまま、
            置かないようにしましょう。

            これは、鉢底の通気性を良くするためです。
            また、特に、発芽したばかりの小さな苗は、
            寒害の被害に遭いやすいため注意が必要です。

            ・水やり
            水やりは、土の表面が乾いた時に、たっぷりと与えます。
            この時期、日本は湿度が低く、乾燥しているものの気温が低いので、
            それほど、水やりは不要になるはずです。

            大体、1週間に1回程度、水を与えてください。
            また、この季節は凍ってしまうこともあるので、
            午前中から昼頃に与えるのが理想的です。

            ・肥料
            1月は、下旬頃に追肥を行います。
            カリ、リン酸分の多い、緩効性化成肥料などを与えてください。
            また、開花が見られましたら、液体肥料に切り替えるのが良いでしょう。


            ■庭植えの管理

            水やりは、雨が当たらない場所でない限り、特に不要です。
            肥料に関しても、追肥がいらない季節です。


            ■病害虫の防除について

            寒いこの季節は、病気の発生はあまりないと言えます。
            しかし、害虫ではエカキムシとも呼ばれるハモグリバエに気をつけてください。
            葉の中に幼虫が見えるので、捕殺するか、葉ごと取り除きましょう。

            >>1月のクリスマスローズ園芸種の育て方はこちらです

            >>クリスマスローズ 原種系の苗を見てみる
            >>クリスマスローズ 開花株を見てみる

             

             

            JUGEMテーマ:花のある暮らし

             

             


            クリスマスローズ


            Christmas rose

            クリスマスローズの良苗♪

            selected entries

            categories

            links

            お勧めです!





            シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品b.glen

            profile

            search this site.

            others

            応援してね!

            にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
            にほんブログ村
            人気ブログランキングへ
            ブログランキング
            ランキングはこちらをクリック!
            FC2 Blog Ranking
            @With 人気Webランキング
            PVランキング
            ブログランキング
            ブログランキングNo.1
            livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
            seo great banner

            • キーワード調査ツール

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM