クリスマスローズ 開花株を各種見てみる

1月 クリスマスローズ 開花株も出回ります

0





    クリスマスローズの開花株などが販売される1月は、
    本格的にクリスマスローズを楽しめる時期だと言えます。
    これらは温室で作られたものですが、まだ咲いていない花も
    徐々に楽しめる時期に差し掛かっています。


    ■1月の管理方法

    ・防寒対策
    寒い北風などの当たる場所に植える、
    フォエティドゥスなどの有茎種は、
    夜間に不織布などで株を覆い寒さ除けを行います。

    ・支柱立て
    有茎種で花の茎が長くなるものに関しては
    この時期に支柱を立てて雪に対応できるようにしておきます。

    ・古葉の切り取り作業
    まだ古葉を切り取っていない場合は切り取りを行います。
    葉を切り取ることで花茎を上手に伸ばす効果が期待できます。

    切り取った後は株元を綺麗にし、わらやバークチップ、
    落葉樹の落ち葉などでマルチングを行います。





    ■庭植えの管理

    ・水やり
    晴天が続き乾燥気味になっているようであれば水やりを行いますが、
    基本的に水やりの必要はありません。

    ・肥料
    この時期は肥料を与えなくて構いません。


    ■鉢植えの管理

    ・水やり
    天気が良い日の午前中に1回水を与えてください。

    ・肥料
    肥料不足にならないように、リン酸分の多い緩効性化成肥料を、
    6号鉢で6グラムを目安に施します。

    ・置き場
    風が当たらなく日当たりの良い場所で管理しましょう。
    また開花しはじめたら、霜の降りない屋根のある場所で管理をします。



    原種系も出回る時期です


    ■病害虫の防除について

    1月など冬の時期はほとんど病害虫が発生しないため、
    特に薬剤を散布する必要はありません。
    しかし、稀にアブラムシなどの発生が考えられますので
    日々観察をすることを忘れないようにしましょう。

    万が一、アブラムシが発生してしまったら、
    ニテンピラム粒剤・アセフェート粒剤などを散布し防除します。

    >>クリスマスローズ 開花株を各種見てみる

     

     

    JUGEMテーマ:花のある暮らし

     

     


    12月 クリスマスローズ 原種 栽培

    0



      もうすぐ開花です、大切にお手入れを


      12月のクリスマスローズは、多くの種類がいっせいに蕾を付け始めます。
      すぐそこに迫る開花がたいへん楽しみになりますね。
      開花まで後少し、心を込めて、しっかりとお手入れしてあげましょう。

      ・12月の有茎種
      花茎(ステム)頂部の新芽が大きくなり、蕾が付き始めます。
      有茎種は、まだまだ葉も楽しめる時期です。

      ・12月の無茎種
      株元にある新芽(花芽)が大きくなり出します。
      花芽は丸みがあるのが特徴で可愛らしいですが、
      無茎種の一部は、葉が枯れ始める時期でもあります。

      日本で栽培する場合は、秋に落葉すると言われる無茎種ですが、
      生育環境さえ良ければ、葉は年明けまで残るものです。

      ・12月の育て方のポイント
      植え付け、植え替え、株分けがまだの場合は、早めに行います。
      通常の適期は10月、遅くとも12月です。早め早めに作業を行ってください。

      また、ピートモス、ヤシ殻主体の用土で植え替えられた株は、
      入手後すぐに植え替えるようにします。




      蕾ができると嬉しいですね


      ■12月に行う作業

      ・植え付け
      植え付けを行うのは、開花株、開花見込み株のみです。
      その他の小苗などは、庭植えにはまだサイズが足りないため、
      鉢などで育てて、庭への植え付けは行いません。

      植え付けのポイントは、根鉢を良く崩したあとに植えつけること、
      そして、深植えにしないことです。

      レイズベッドに植え付けるのが特におすすめの方法です。
      この場合、馬糞堆肥、緩効性化成肥料を用いて元肥とします。
      水はけが悪い場合は、日向土、パーライトを利用すると良いでしょう。

      ・植え替えと株分け
      鉢植えの場合は、1年〜2年ごとに、一回りから、二回りほど大きい鉢へ植え替えます。
      植え替えのポイントも、良く根鉢を崩して広げることが大切です。

      しかし、フェチダスや、リヴィダスといった原種は、根茎が貧弱であるため、
      軽く解す程度にとどめておきましょう。

      用土は、赤玉土中粒や、日向土小粒、馬糞堆肥、ゼオライト細粒、
      燻炭などを利用します。元肥は、リン酸分、カリ分の多い化成肥料です。

      芽数が6芽以上になった株は、株分けができます。
      ここでのポイントは、1つに対して、3つ以上の芽が付くように分けることです。
      ナイフやマイナスドライバーなどでこじるようにすると、上手く分けられます。

      3つ以上の芽を付けて株分けすれば、夏越しもできますし、
      株の生長も充分で、開花が遅れずに楽しめます。

      ただし、フェチダスに関しては、
      株分けが行えない原種ですので覚えておきましょう。

      ・下葉取り、古葉取り
      ヘレボルス・フェチダスなどの有茎種は、傷んだ葉の葉柄を、
      付け根部分より約3センチほど残して、ハサミで切り取ります。
      通気性が良くなるので、株が蒸れず、病気も発生しにくくなります。

      ヘレボルス・ムルチフィダス・ヘルツェゴヴィヌスなどの無茎種は、
      細い小葉が枯れてくるので、枯れた葉の葉柄を約3センチほど残してハサミで切り取ります。
      枯れた葉は順次とって、枯れていない葉のみを残して行きます。




      ミヨシクリスマスローズ(原種系):*ダブルファンタジー3号ポット


      ■鉢植えの管理

      ・置き場所
      この時期は、なるべく冷たい風に晒しすぎないようにします。
      また、10月〜11月同様、12月も通気性の良いひなたで管理します。

      ・水やり
      乾燥するこの時期の水やりの目安は、週に1〜2回です。
      用土が乾いた時にたっぷりの水を与えるのが重要です。
      水やりの作業は、午前中、10時くらいまでに行いましょう。

      ・肥料
      11月下旬に肥料を追肥した場合は、12月は液体肥料のみを与えます。
      約15日に1回、リン酸分、カリ分の多い液体肥料を与えます。


      ■庭植えの管理

      雨の当たらない場所などでなければ、水やりは不要です。
      また、この時期は追肥も要りません。


      ■病害虫の防除について

      空気の乾燥する12月ですが、うどんこ病、灰色かび病には気を付けたいです。
      この時期は、園芸店、ホームセンターなどで苗を入手する人も多いと思いますが、
      もともと温かい場所で管理されていたものは、
      病気を持つ場合もあるので注意します。

      害虫は、ハモグリバエ、別名エカキムシに注意してください。
      被害が大きく広がってしまった場合は、葉ごと除去するのも1つの策です。

      >>12月のクリスマスローズ園芸種の育て方はこちらです

      >>クリスマスローズ 原種系の苗を見てみる
      >>クリスマスローズ 開花株を見てみる

       

       

      JUGEMテーマ:花のある暮らし

       

       


      クリスマスローズ


      Christmas rose

      クリスマスローズの良苗♪

      selected entries

      categories

      links

      お勧めです!





      シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品b.glen

      profile

      search this site.

      others

      応援してね!

      にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
      にほんブログ村
      人気ブログランキングへ
      ブログランキング
      ランキングはこちらをクリック!
      FC2 Blog Ranking
      @With 人気Webランキング
      PVランキング
      ブログランキング
      ブログランキングNo.1
      livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
      seo great banner

      • キーワード調査ツール

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM