クリスマスローズ 開花株を各種見てみる

6月 梅雨時期のクリスマスローズの管理には注意を

0


    原種系はとくに梅雨に敏感です


    6月になると日本は梅雨の時期を迎えます。
    高温多湿の梅雨の季節はクリスマスローズを管理する上で、
    非常に過酷な気候だと言えます。

    生育条件が悪くなっている時ですので、根腐れなどが
    起こらないように、管理には十分気をつけて下さい。

    また、種の採取時期もだいたい6月頃です。
    飛散しないように袋をかける等し、種の採取していきましょう。


    ■6月の管理方法

    ・種取り
    種は徐々に大きくなり、やがてはじけて下に落ちます。
    袋掛けをしておくと、種を飛散させずに採取することが出来ます。

    袋掛けをしなかった物に関しては、さやが褐色になったのを目安に
    花首から切り取っていきます。

    ・種の保存方法
    クリスマスローズの種は乾燥させると発芽が悪くなります。
    そのため、まずは種の表面に付いているぬめりを水で洗い、
    乾かない内にとりまきをするか、ストッキングなどに入れて
    日陰の水はけの良い場所に埋めておきます。

    ・種まき
    少量の種まきをするのであればとりまきがお勧めです。
    しかし、大量に種まきを行いたい場合などは10月頃まで
    種まきを待ちましょう。



    梅雨と夏を乗り切れば、また美しい開花を見られます


    ■庭に植えの管理

    ・水やり
    水を与えすぎてしまうと病気が起こりやすくなります。
    少し乾かす程度に水やりを行なっておくと良いでしょう。
    雨の少ない時はだいたい、1週間に1回たっぷりとあげるくらいで
    構いません。

    ・肥料
    この時期は病気から守るためにも肥料は与えません。

    ・その他の管理
    西日が強く当たる場所に植えている場合は、
    日陰になるように工夫しましょう。
    また、水はけの悪い場所とならないよう注意して下さい。


    ■鉢植えの管理

    ・水やり
    鉢の表面が乾いてきた頃を目安に水やりを行います。

    ・肥料
    庭植えと同じく、この時期には肥料を与えないで下さい。

    ・置き場
    高温多湿の6月は根腐れが起こりやすい季節と言えます。
    なるべく雨の当たらない風通しの良い場所で管理しましょう。


    ■病害虫の防除について

    土壌病害(根腐れ病・白絹病など)には注が必要です。
    その他、アブラムシの予防・灰色かび病の防除なども
    行なっておきましょう。

    >>クリスマスローズの苗を各種見てみる
     

    JUGEMテーマ:花のある暮らし

    5月 クリスマスローズ 原種 栽培

    0


      来シーズンも美しい花を楽しめるように


      ■5月 クリスマスローズ 原種 栽培

      5月になると、開花は終わってくるものの、
      新葉の勢いの良い時期となるため、葉の鑑賞に良い時期です。

      クリスマスローズは、花だけではなく、
      葉の形や美しさも楽しめる草花であるのが、
      とても良く分かる季節です。

      ・5月の有茎種
      開花の遅い有茎種(原種の交配種)は、
      葉の展開が少し遅れます。

      ・5月の無茎種
      葉の展開が見られます。有茎種も同じですが、
      葉の展開が落ち着けば、次は花芽が分化していきます。

      ・5月の育て方のポイント
      葉の展開、鑑賞を楽しみつつ、
      種の採取・種まき・花茎、花柄切り、株まわりの整理など、
      夏に向けての準備を行いましょう。


      ■5月に行う作業

      ・種の採取
      種は、子房より落ちるので、種の熟しきる前に、
      花や、花房に、ふくろなどをかけておき、
      周囲に飛び散らないようにします。

      そのようにして採取した種は、
      反日〜1日ほど、ベンレート水和剤に付け、
      消毒と、種に水分を含ませます。

      ・種まき
      発芽率を上げるために、とりまきにします。
      10月に種をまく場合は、冷蔵庫の野菜室などに入れ、
      保管するようにしてください。

      多くの種をまく時は、1鉢に30粒程度まく方法もありますが、
      2.5〜3号ほどのポットに、1粒ずつまいていく方法もあります。

      ・花茎切り(有茎種)、花がら切り(無茎種)
      詳しくは、4月の作業を参照してください。
      5月に行うのは、開花期の遅い、原種系交配種の有茎種や、
      種の採取のために、花がら、花茎を切らなかった株に行います。

      ・株元の整理
      花がら、花茎の切り残した部分が枯れてきたら、
      手で抜き取って、株元の整理を行います。

      株元を綺麗にすることによって、
      これから先の暑い季節の病害虫予防にもなります。




      樹勢や葉茎、葉の裏もチェックしましょう


      ■鉢植えの管理

      ・置き場所
      5月は、4月に比べて、より日差しが強くなりますので、
      株が蒸れないように、風通しの良い場所で管理したいところです。

      原種の種類によっても少し変わってきますが、
      明るい日陰〜半日陰、午前中のみ、日の当たる場所で管理します。

      ・水やり
      水やりの基本は、土の表面の乾いた時に、
      鉢底から流れ出るほどの、水を与えることです。
      これは、クリスマスローズ以外の草花でも、
      良く言われる基本の方法です。

      5月のクリスマスローズは、新しい葉を勢い良く展開しますので、
      乾かないように充分に注意してください。

      なお、5月も下旬になるにつれ、
      どんどん降水量が増えるため、週に2〜3度の水やりでOKです。

      ・肥料
      葉の展開するこの時期は、水やりの代わりに15日程度に1回、
      リン酸分、カリ分の多い液体肥料を与えます。




      元気に育てると、また美しい開花が見られます


      ■庭植えの管理

      水やりも、肥料も特に与える必要はありません。


      ■病害虫の防除について

      4月に引き続き、灰色かび病、立ち枯れ病、べと病などの、
      病気が起こりやすい時期です。

      また、ブラックデスや、モザイク病など、ウィルス病にも、
      引き続き、注意をしていきます。

      また、この時期は梅雨の時期に入る前として、降水量が多くなります。
      降水量が増えると、株まわりや、鉢の中の湿度が高くなりすぎて、
      根腐れを起こすこともあるので、注意しましょう。

      害虫に関しては、アブラムシなどの吸汁する害虫の他、
      アオムシや、ナメクジなどの食害する害虫も増えてきますので、

      葉や茎、葉の裏の様子などは、しっかりと観察するようにしてください。
      見つけ次第、ピンセットや、割り箸などを使用し、捕殺します。

      >>5月のクリスマスローズ園芸種の育て方はこちらです

      >>クリスマスローズ 原種系の苗を見てみる
      >>クリスマスローズ 開花株を見てみる
       

      JUGEMテーマ:花のある暮らし

      クリスマスローズ


      Christmas rose

      クリスマスローズの良苗♪

      selected entries

      categories

      links

      お勧めです!





      シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品b.glen

      profile

      search this site.

      others

      応援してね!

      にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
      にほんブログ村
      人気ブログランキングへ
      ブログランキング
      ランキングはこちらをクリック!
      FC2 Blog Ranking
      @With 人気Webランキング
      PVランキング
      ブログランキング
      ブログランキングNo.1
      livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
      seo great banner

      • キーワード調査ツール

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM